• ポイントキャンペーン

学研のヒューマンケアブックス
自閉症児の困り感に寄り添う支援

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 181p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784054033665
  • NDC分類 378.6

内容説明

自閉症児・者はなぜ深い困り感を抱くのか。その困り感の世界を著者の深い洞察や最新研究、哲学から具体的に紹介する。またどのような支援がぴったりするかも具体的に紹介する。従来の紋切り型の自閉症理解にとらわれていると目からうろこが落ちる感じがする本。

目次

第1章 「困り感」に寄り添うために
第2章 乗れる島の少ない子ども
第3章 周囲の状況への適応
第4章 時間と「困り感」
第5章 ことばを生む素地
第6章 ことばがなぜ通じるか
第7章 コミュニケーションと人間関係
第8章 この時代と「困り感」
第9章 定型外を理解する

著者紹介

佐藤曉[サトウサトル]
1959年、埼玉県生まれ、筑波大学第二学群人間学類卒業、同大学院教育研究科修了。岡山大学教授(教育学部障害児教育講座)。博士(学校教育学)。専門は、特別支援教育臨床。数多くの学校・幼稚園・保育園を訪ね、現場の実情に合った特別支援教育のありかたを模索している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)