アリアンローズ<br> 竜の卵を拾いまして〈2〉

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

アリアンローズ
竜の卵を拾いまして〈2〉

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 311p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784861347849
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

火竜の子供・ココの母親代わりになったシェイラ。恋人であるソウマをはじめとした竜達のそばで生きることを決めたけれど、家族と離れる生活を、妹・ユーラに反対されてしまう。そんな中、ココが力を暴走させ焼き尽くしてしまったロワイスの森を訪れることに。その晩、夜空から流星のように新たな卵がシェイラの前に現れて!?そのうえ、滅びたと伝えられていた黒竜の子供と知り―。竜を愛する少女と少女を愛する竜達の、ほのぼの子育てファンタジー待望の第2巻!

著者等紹介

おきょう[オキョウ]
執筆歴は、2000年頃から。『竜の卵を拾いまして』で、第1回アリアンローズ新人賞「読者賞」を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

瀧ながれ

17
あれ?1巻・2巻て「プロローグ」なのかな? と思うくらい、最後で大きな展開を見せて驚きました。続きが楽しみです。…もう一人くらい大人がついてたほうがいいのじゃないかなあ、大丈夫かなあ。番外編の「女の子が増えたら着せ替えよね!」という楽しい空気にわくわくしました。イラスト欲しかった〜。2015/04/14

Ency [L-N]

4
竜の子、増える、2巻でした。まさかシェイラが竜の子をもう一体育てる事になろうとは…w しかもやっぱり成長が早いのでシェイラが育竜に手を焼く事はなく、前巻同様にシェイラが妹のユーラをはじめとする周りの人や竜とどう向き合っていくのか(あと自らの抱える秘密とも)がメインだった感。思考の変化・少女の自覚と自立・夢あるいは目標…、姉シェイラ・妹ユーラの間に生じた蟠りを巡る話は「姉妹」という関係性にある複雑なモノが垣間見えて感慨深いモノがあったな、と。しかし今回の展開はこのまま終わってしまいそうな感じだが続くよね…?2015/04/12

はなりん

3
こども竜がもう一人増えました。女の子。ココとスピカがとってもかわいい。妹とのやり取り、木竜の次期長とのやり取りの中でシェイラが旅立ちを決意。不憫なソウマ・・・。相談もなく決められたら哀しいし傷つくよねぇ。でも、離れる前にお互いの鱗を交換ってラブラブでよかったね!2016/12/23

真尋

3
お祭りイベントや二人目のお子さん誕生、次回に向かっての新たな指針など色々詰め込まれた2巻。黒竜のスピカや木竜など新キャラも登場しますが妹のユーラが大いに動き、子育てよりもシェイラ自身の成長が促された話がメインになっていました。そして今回はソーマとの糖度高めでロマンス面も押し気味に。前巻では子育てメインだったからロマンス面での印象は薄目だったけれど今回の二人のやり取りを読んでいて、シェイラと交際する=二児のパパなのに、将来は子どもより嫁への優先度が高めな旦那になりそうとか思ったり。2016/07/02

しゃららん☆

3
続き2巻目。昨日1巻読み終わって怒涛の勢いで終了。なんだかんだ言っても面白いのでした。お話のキーワードは妹・ユーラの大反対、卵2個目、旅立ちです。何気なく各章でつながりはあって良かったのですが、ミネリアの件はご都合が過ぎたかなぁ。確実にシェイラが竜の血を目覚めさせているのが感じられ、ユーラに触発されての自立は良かったです。書き下ろしの番外編は女子ならでは。続き、早く出ないかな〜。★★★★☆2015/05/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9588147
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。