電撃文庫<br> “恋バナ”これはトモダチの話なんだけど―すぐ真っ赤になる幼馴染の大好きアピールが止まらない

個数:
電子版価格
¥748
  • 電書あり

電撃文庫
“恋バナ”これはトモダチの話なんだけど―すぐ真っ赤になる幼馴染の大好きアピールが止まらない

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月21日 00時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 294p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784049154429
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「友達から聞かれたんだけど……蒼汰ってどんな子がタイプなの?」
 悩める高二男子・瀬高蒼汰はある日、幼馴染で片思い相手・藤白乃愛から珍しい相談を受けていた。
「乃愛……! まさかそれって……」
「ち、ちがっ、これはトモダチの話だからね!?」
 この手口なら、恋愛に疎い蒼汰でも知っている。
〈〈“友達の話”で始まる恋バナは、たいてい本人のことである!〉〉
 ――つまりは乃愛も蒼汰のことが!? と思いきや後日、蒼汰は他の女子から告白されてしまう。まさか本当に“トモダチの話”だった?
 でも乃愛はグイグイ甘えてくるし……“トモダチ”って一体誰なんだ!?

内容説明

恋バナから始まる両片思いの“探り愛”ラブコメ!「友達から聞かれたんだけど…蒼汰ってどんな子がタイプなの?」悩める高二男子・瀬高蒼汰はある日、幼馴染で片思い相手・藤白乃愛から珍しい相談を受けていた。「乃愛…!まさかそれって…」「ち、ちがっ、これはトモダチの話だからね!?」この手口なら、恋愛に疎い蒼汰でも知っている。“““友達の話”で始まる恋バナは、たいてい本人のことである!””―つまりは乃愛も蒼汰のことが!?と思いきや後日、蒼汰は他の女子から告白されてしまう。まさか本当に“トモダチの話”だった?でも乃愛はグイグイ甘えてくるし…“トモダチ”って一体誰なんだ!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

30
ある日、幼馴染で片思い相手・藤白乃愛から恋の相談を持ちかけられた悩める高二男子・瀬高蒼汰。幼馴染自身のことかと思ったら、後日別の女子から告白されてしまう恋バナラブコメ。クラスメイトの話に触発されて友人の相談を装って蒼汰に探りを入れてみたら、本当に女の子に告白されたらしい様子に動揺する乃愛。委員長や後輩の茜を警戒する乃愛は傍から見たら分かりやすい態度ですけど、彼女自身がそれを否定するから迷走するんですよね(苦笑)いまいち決め手に欠けて、要所で決断できずに日和ましたけど、茜が抱える秘密も気になるところですね。2024/01/10

彩灯尋

13
トモダチの話なんだけど…と言いつつ相手の情報を引き出そうとするかわいいヒロインのド正統な幼馴染ラブコメ。読者は付き合うまでのじれったい距離感を「さっさと告白しろ!!」と叫びつつ眺めているモブに徹することができる。ヒロインの背景を重い物にすることで、主人公からヒロインへの思いもさらに増せるのかもな。2024/03/11

rotti619

11
両片想い幼馴染モノの中で王道である「トモダチの話」を使ったお話。乃愛がトモダチの話で蒼汰へ相談した後に、後輩の茜が蒼汰へ告白してしまった事で、トモダチの話=乃愛の事だと思っていた蒼汰が混乱することになる、というのが特徴。乃愛的にはこの相談を通じて仲を深めるつもりだったのが、完全に裏目に出たのが楽しかった。途中から登場するやっちゃん(やちよ)も良い味を出しており、幼馴染の嫉妬という両片想いならではの展開が楽しめるようになっている。茜が思ったより前に出てこないのが意外だったが、何かありそうなので今後が楽しみ。2024/01/23

真白優樹

10
家族同然に育ってきた幼馴染に抱いた恋を押し殺す少年が、その幼馴染から恋愛相談を受け始まる物語。―――すれ違って空回り、見えるは大切、その思い。 トモダチの話、という名目でアプローチをしていく中、後輩の出現により更にこんがらがっていく物語であり、空回りして迷走してそれでも伝えたいと頑張っていく、もどかしさの極み的なお話が面白い物語である。まだちょっと勇気が出なくて伝えられずに。それでも続く恋愛相談の先に恋は成立するのか。いつかきちんと付き合う事は出来るのか。 次巻も勿論楽しみである。2024/01/12

mag

9
「これは友達の話〜」から始まる恋愛相談がきっかけで動き出す、幼馴染ラブコメ。 友達の話〜から始まる恋愛相談は自分の話なのが通説で。でも、今まで縁のなかった告白を受け、本当に「トモダチ」がいるのかもしれないと困惑して。 「トモダチ」なんていなかったはずなのに、実際に友達が現れてしまったことで事態がややこしくなっていく。 そんな幼馴染二人と告白してきた後輩、そして優等生のクラスメイトまで巻き込んだ勘違いの連鎖が続く物語展開が面白かったです。 後輩サイドでまだ謎があるようで。これからの展開が楽しみです。2024/01/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21694249
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。