電撃文庫<br> 犯罪迷宮アンヘルの難題騎士

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

電撃文庫
犯罪迷宮アンヘルの難題騎士

  • 提携先に4冊在庫がございます。(2022年08月10日 10時31分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 356p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784049134445
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

ダンジョン内での犯罪を取り締まる迷宮騎士。新人のラトラはエリート志向でプライドの高い女騎士…かと思いきや、真の姿は引きこもり癖のある、ぽんこつルーキーだった!しかし、現場たたき上げの騎士カルドは、彼女の秘めたる才能と正義の心を見いだす。「こんな私でも、正義の味方になりたいのっ…!」「安心しろ。オメェが自分の夢を貫けるよう、面倒見てやるよ」冒険者を狙った連続殺人。違法薬物の売買。そして謎の魔獣を追う少女。“迷宮入り”級の難事件に凸凹コンビが立ち向かうダンジョンポリスファンタジー!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しぇん

16
うーん……。物語の出だしは面白かったですが、中盤からは何か退屈。終盤はもう流し読み……。個人的には何か惜しい作品でした。2021/01/10

かっぱ

15
ダンジョン内での犯罪を取り締まる迷宮騎士隊が冒険者を狙う連続殺人の謎を解き明かす物語。凸凹バディの関係性はとても良かった。どこまでも真面目で目標が高いからこそ自分を追い込んでしまう不器用なラトラのことを支えるベテラン騎士であるカルドの在り方は良い信頼関係だなと感じる。そんな二人が手を取り合うまでを描いた序盤は良かったんだけど中盤からは少し乗り切れないところもあって、物語としてはもう一押し欲しいなあといった印象を受けた。とはいえ、互いのことを信頼して高め合える関係性は素敵だなあと思う2021/01/14

ひぬ

13
ダンジョン内での犯罪を取り締まる迷宮騎士隊に新たに配属されたラトラとベテラン騎士カルドが織り成す警察バディもの。真面目故に精神的に弱く、序盤からポンコツっぷりを発揮してしまったラトラがカルドの指導のもと、成長していきます。若干堅めな文章なのと、ちょっとハードな題材が題材だけに読む人を選ぶと思いますが、私の好みにはドンピシャでした。バディものって良くないですか。割と面白さが前半の方に集中してしまったのが難点で、終盤では少し失速してしまったと感じました。2021/02/23

ささきち

10
私はけっこう好きでしたね異世界ファンタジーな世界観に現代日本の警察的な組織と倫理観を混ぜたような作品。お国の中に突如としてダンジョンが発生しちょっとした無法地帯となってしまったがために騎士という警察みたいな組織が生まれ主人公とヒロインは騎士として迷宮「事件」を解決する。主人公は現場からの叩き上げでヒロインはエリート一族で才能もあり潔癖だが微妙に中身がポンコツな新人という刑事物あるあるな感じで進んでいく、ダンジョンとか魔物もいる世界だけど事件を解決するのが仕事なので冒険ってのはないのですよ~2021/02/05

イシカミハサミ

9
あとがきに名前出てたから、 あんまり言っちゃいけないのかもだけれど、 担当変わって設定の穴が減った。 さすがに前作の完成度はね……。 今回も章のネタバレ感強めだったり、 世界観の割に優しい人多いなーとか思うけれど、 まっすぐで面白い話だった。 事件の大きさからすると3巻くらいかけて この状態になるくらいの配分がいいな、と思う。 終盤の盛り上げの時の文体は好みじゃなかった。2021/02/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17236656

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。