メディアワークス文庫<br> ビブリア古書堂の事件手帖―扉子と不思議な客人たち

個数:
電子版価格 ¥671
  • 電書あり

メディアワークス文庫
ビブリア古書堂の事件手帖―扉子と不思議な客人たち

  • ウェブストアに41冊在庫がございます。(2022年05月17日 14時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 269p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784049120448
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

驚異のミリオンセラー『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ最新刊 ある夫婦が営む古書店がある。鎌倉の片隅にひっそりと佇む「ビブリア古書堂」。その店主は古本屋のイメージに合わない、きれいな女性だ。そしてその傍らには、女店主にそっくりな少女の姿があった??。
 女店主は少女へ、静かに語り聞かせる。一冊の古書から紐解かれる不思議な客人たちの話を。古い本に詰まっている、絆と秘密の物語を。
 人から人へと受け継がれる本の記憶。その扉が今再び開かれる。

三上 延[ミカミ エン]
著・文・その他

内容説明

ある夫婦が営む古書店がある。鎌倉の片隅にひっそりと佇む「ビブリア古書堂」。その店主は古本屋のイメージに合わない、きれいな女性だ。そしてその傍らには、女店主にそっくりな少女の姿があった―。女店主は少女へ、静かに語り聞かせる。一冊の古書から紐解かれる不思議な客人たちの話を。古い本に詰まっている、絆と秘密の物語を。人から人へと受け継がれる本の記憶。その扉が今再び開かれる。

著者等紹介

三上延[ミカミエン]
古書にまつわる謎を解いていく、ビブリオミステリ『ビブリア古書堂の事件手帖』がベストセラーとなる。ホラーからファンタジーまで、幅広い作風で縦横に活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 7件/全7件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

へくとぱすかる

888
8冊目。スピンオフではなく期待以上だった続編。シリーズに新たな展開を投入したということになるのかな。冒頭から始まる「その後」の紹介に、驚きながらも「よかったねぇ!」と心でつぶやきました。このエピソードをあえてラストにしなかったのが、スピンオフでなく、続編である証拠でしょう。さらに続きの物語は読みたいし、続きを予定しているらしい「あとがき」もうれしい。2018/09/28

zero1

828
本は人を幸福にするのか。7年後を描いたスピンオフ短編集。二人の間には扉子という娘が。今までの大輔による視点から栞子が娘に語るスタイルに変化。【事件手帖】の意味も登場。作者はこれを描きたかったのだろう。シェイクスピアのファースト・フォリオで敗北した男の息子も出てくる。例の夫婦が再登場するなどシリーズを読んでないと楽しめない内容。内田百閒は出てきて当然だが「からたちの花」は意外。ゲームの話は興味深く読んだものの、あの母親が出てこないなど私には物足りないと感じた。まだ続くようだが何だかんだ言っても読んでしまう。2020/04/09

カメ吉

801
思ってたより早く栞子さんや大輔君に再会出来て良かった。結婚して娘の扉子ちゃんも母親ゆずりで。思った通りではない展開でしたがスピンオフとしてシリーズ化してほしい。 登場人物たちの成長と後日譚としてこれからも読みたい。微笑ましい気分でいっぱいです。2018/09/23

Yunemo

758
伝承という語が頭に浮かんだままに。あれから7年後、古書店に係った人達の物語を親の栞子から子の扉子へ伝える物語、と表現していいのでしょう。本の話で知らない者同士が仲良くなれる、本があるとみんなケンカしないで幸せになるんだ、という扉子の想い、大事にしたいとしみじみと。逆に聞かせられない物語も数多く。難しいですね。ところで、人目に晒せないビブリア古書堂の事件手帖、まだまだ奥が深そうで。新刊として何の不思議もなく手に取って、でも表紙、栞子から扉子に替わってることに後から気付いて、成程と。人の繋がりに想いを馳せて。2018/10/21

ponpon

720
あれから7年、栞子・大輔夫婦の間には栞子によく似た娘・扉子が。栞子が幼い扉子に語る古書にまつわる人間模様。時系列としては後日談、古書の薫りは薄めな話が多いかな。第2編の親族の軋轢を解きほぐす話は良いですね。断片的な情報を統合し真相を明らかにする栞子さんの前では嘘はつけませんね。第4編では舞砂道具店再び。倒叙ミステリーを味わえる。扉子が本を雑に扱うシーンはドキドキする。タイトルの意味も明かされ、そういうことだったのかと納得。まだスピンオフを刊行する予定があるようで続刊が楽しみです。2018/10/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13116164

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。