• ポイントキャンペーン

狐火の家

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 349p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784048738323
  • NDC分類 913.6

内容説明

『硝子のハンマー』(日本推理作家協会賞)から4年。弁護士・純子&防犯探偵・榎本、堂々のカムバック。ますますヒートアップ!ちょっぴりファニーなコンビが4つの密室に挑む傑作ミステリ。

著者紹介

貴志祐介[キシユウスケ]
1959年大阪生まれ。京都大学経済学部卒。生命保険会社に勤務後、作家に。1996年「ISOLA」が日本ホラー小説大賞長編賞佳作となり、『十三番目の人格―ISOLA』と改題して角川ホラー文庫より刊行される。翌年、『黒い家』で第4回日本ホラー小説大賞を受賞、100万部を超えるベストセラーになり、日本と韓国で映画化される。2005年『硝子のハンマー』で日本推理作家協会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)