電撃文庫<br> デュラララ!!×6

電子版価格
¥693
  • 電書あり

電撃文庫
デュラララ!!×6

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 424p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784048679053
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「彼は、平和島静雄。池袋で一番危ないって言われてる殺し屋なんだ―」臨也に嵌められ街を逃走しまくる静雄。自分の立ち位置を考えさせられる帝人。親友の苦境に今更になって気づく正臣。何も知らずに家出少女を連れ歩く杏里。先に待つ出来事を想像できなかった茜。黒バイクとの接触に興奮を隠せない女。一人悶えつつも帰りを待ち続ける新羅。思い通りに事を運ぼうと画策する青葉。ダラーズに意趣返しを繰り広げる千景。そして首なしライダーが救うのは―。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

とら

103
前後編後編。キャラクター沢山いるのにそれらを上手くまとめあげちゃうのが凄い。こんなにごちゃごちゃしてるのにすんなり頭にその場面が浮かぶ。これだけでも大きい争いがいくつも起こってるけど、これまた沢山張られてる伏線から察するに、めちゃくちゃ大きい争いがこの先待ってるのではないか。帝人が堕ちていく━でも不謹慎かもしれないけど、帝人が異能の奴ら、非日常に加わって欲しいと思ってる自分がいる。片鱗が見れて遂に来たか!と。そしてまた最後にネクストプロローグが。この手法ずるい!先が嫌でも気になるじゃないか!w7巻へ続く━2012/12/11

まりも

78
後編。臨也にはめられ粟楠会に追われる静雄、To羅丸のリーダー千景とタイマンをする門田とこの作品の武闘派キャラが大活躍の今回。遂に車をサッカーボールのように蹴っ飛ばすようになった静雄の人外っぷりは流石だが帝人の変化が一番でしたね。完全に非日常の側に堕ちてしまいましたか。日常の顔のまま非日常な行いをするとか狂いすぎやで。暗躍する情報屋さんは最後に報いを受けたって感じですね。2014/07/16

ツバサ

41
5巻が前編で6巻は後編。色々なキャラが入り乱れてたけど最後の帝人の壊れていく様が怖かった。あとは門田と千景の絡みが面白かったし良いコンビだと思ったからこれからも千景は登場してほしいな。 最後、臨也がやられた時は嬉しかった。因果応報ってやつ。2015/02/06

かめ吉

30
前後編の後編。今回は全体的にスピード感のある話でした。パルクールや車の上での戦闘が読んでいてとても面白かったです!静雄が自分の感情より茜助ける事を優先したのと、そのあとの力強い笑いにやられました。あと、千景と門田が喧嘩した末に友情が芽生えるのもベタだけど好きでした。そして何よりも帝人がだんだん壊れてきてる。もはや狂気すら感じます。青葉の手をボールペンで突き刺す場面が一番衝撃的でした。次も楽しみです!2015/01/28

遠野

26
ヤスダさんが成田病全開(誤字的な意味で)…!!シューター素直で可愛いなぁ。青葉君はどうも好きになれない。1巻から通しで読み返し中なのですが、そろそろ息切れしてきて義務のように読んでしまったことが反省点。2010/11/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/580924
  • ご注意事項