角川oneテーマ21<br> 沖縄と米軍基地

個数:
電子版価格 ¥792
  • 電書あり

角川oneテーマ21
沖縄と米軍基地

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 217p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784047102972
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C0295

出版社内容情報

未公開資料と証言で検証する、真実の”米軍基地問題”日本への占領政策としてスタートした米軍の日本駐留は現在も続き、沖縄は「基地依存」を強いられることになった。日本政府は外交・政治でこの現状にどれほど向き合ってきたか? はじめて明かされる真実。

前泊 博盛[マエドマリ ヒロモリ]
著・文・その他

内容説明

国家のウソを、今こそ暴く!沖縄から告発する国防、外交の真実。

目次

第1章 「普天間」の行方(「普天間問題」とは何か?;「普天間問題」の源流・少女暴行事件 ほか)
第2章 日米安保と日米関係(「有事の安保」と「平時の安保」;民主党政権と沖縄 ほか)
第3章 日米地位協定の検証(減らない米軍犯罪;ペリー来航と不平等条約 ほか)
第4章 基地経済と沖縄(米軍統治と「基地経済」の呪縛;米軍占領期の沖縄 ほか)
第5章 キーワードで学ぶ「日米安保と沖縄」(日米安保の舞台裏;在沖米軍 ほか)

著者等紹介

前泊博盛[マエドマリヒロモリ]
沖縄国際大学教授。1960年生まれ。駒澤大学法学部卒、明治大学大学院修了(経済学修士)。84年、琉球新報社入社。文化部、社会部、東京報道部、政経部などの記者を経て98年から編集委員。この間、沖縄国際大学非常勤講師(98年~2001年兼務)。01年、九州大学大学院助教授(国際政治学)、編集委員兼論説委員、経営企画局次長、論説副委員長、紙面審査委員長、論説委員長を経て11年4月から現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Riopapa

7
袋小路となってしまった感のある沖縄基地問題。これほどまでに沖縄の人たちにとって大きい問題だとは、恥ずかしながら知らなかった。特にサービス産業に従事する人が大都市並みとは。とはいえ、土建以外の製造業が拠点とするには輸送コストの問題もあるだろう。基地がなくなった時、観光以外にどのような産業振興が望めるのだろうか。2015/05/17

まさとん

3
沖縄の基地問題がこれほど深刻で大きな問題であると思っていなかった。やはりメディアが伝えていないことにあると思う。印象的だったのは、もちろん米軍犯罪や事故は、法的対処も含めて検討しなければならない課題だと思うが、米軍の基地返還による経済効果は、本書を読む限り大きいものだと素人心に思う。沖縄に幸あれ!!2013/08/01

やじま

2
沖縄が置かれ続けている複雑で理不尽な状況を理解する助けになる本だった。 日本にいる番犬100匹のうち74匹が「沖縄家」に押し付けられ、盗賊や暴漢から家族を守るためにいるはずの番犬が家族や子供や近所の腐女子に年間100回前後噛み付いているのに罰も無く、しつけを求めても派遣元は「番犬は必要」と聞く耳を持たず、せめて他の家にも応分の負担として移してほしいと頼んでも引き受け先がないと言われる、という例え話が良かった。2020/10/22

猫背

2
辺野古移転が争点になっているが、沖縄県と米軍基地についてどのような経緯で今に至ったのか、そもそも必要なのかという根本的な問題を理解したくて手に取った。読了後は、国民が一体となってこの問題に取り組まない現状が悔しくて堪らない。膨大な税金が浪費され、決して沖縄県だけに留まる話じゃない。この問題を前にして、自分に何ができるのか分からないことも悔しい。2015/04/29

しんわん

2
沖縄問題が如何に多くの問題を抱えているかを改めて認識しました。日米安保を含めて本気で解決を目指す能力ある政治家が必要なのでしょう。民主党がこの問題に対して能力がなく、さらなる迷走が起こってしまったのは残念でした。なお、筆者は被害者的な立場で書いているので、もっと客観的に米国の立場を含めてこの問題をまとめてくれるような筆者を熱望します(例えば立花隆さん)。2014/03/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4072911

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。