角川選書<br> 記憶をあやつる

個数:
電子版価格 ¥1,555
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川選書
記憶をあやつる

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 10時40分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 198p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047035607
  • NDC分類 491.371

内容説明

異なる古い記憶を人為的に組み合わせ、新しい記憶を作り出す―。記憶の形成に関与する分子を発見し、分子レベルで記憶を操作する可能性を拓いた著者の最新の研究成果とは?記憶の基本システムを解明した利根川進らの実験など、記憶研究の歴史を辿り、著者グループによる記憶合成の驚くべき実験の全貌と、トラウマを抑制する「記憶の医学」に挑む脳科学の最前線を、豊富な図解とともに誰にもわかりやすく解説する。

目次

第1章 脳研究の歴史(古代人も、脳について考えた;脳科学、誕生前夜;脳科学の萌芽 ほか)
第2章 脳に関する基礎知識(脳の構造に関する基礎知識;神経細胞に関する基礎知識)
第3章 記憶の仕組み(記憶はどこに隠れているか;記憶の種類;記憶のシステム)
第4章 分子脳科学で記憶のメカニズムを解き明かす(記憶における遺伝子の役割;遠隔記憶はどこに蓄えられているのか;海馬で何が起こっているのか)
第5章 連合する記憶(信号が変わったら犬が赤色になった?;シナプス・タグ;些細なことまで覚えているのはなぜ?)
終章 記憶研究のフロンティア(人工的に記憶を作ることはできるのか;記憶は、思い出すと不安定になる;やっぱり不思議な脳の仕組み)

著者紹介

井ノ口馨[イノクチカオル]
1955年生まれ。1979年、名古屋大学農学部卒。1984年、同大学大学院農学研究科博士課程修了。農学博士。米国コロンビア大学医学部、三菱化学生命科学研究所研究主幹を経て、2009年より富山大学大学院医学薬学研究部(医学)教授。専門は分子脳科学。2010年に時実利彦記念賞(日本神経科学学会)を、2013年に文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

実際には経験していない記憶を作ることに成功──。記憶形成に関与する分子を発見した気鋭の分子脳科学者が、記憶研究の歴史を辿り、その実験の全貌とトラウマを抑制する「記憶の医学」に挑む脳科学の最前線を紹介!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件