角川選書<br> 万葉挽歌のこころ―夢と死の古代学

個数:
  • ポイントキャンペーン

角川選書
万葉挽歌のこころ―夢と死の古代学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 04時16分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 338p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047034990
  • NDC分類 911.12

内容説明

愛しき人の死。その面影への思慕を胸に万葉びとが作りあげた挽歌の世界とは。天智天皇の危篤・崩御・殯・埋葬を妻たちが歌った天智天皇挽歌群。その一首一首を丁寧な語彙解説と現代語訳で読みときながら、光を「影」と呼び、「夢」で亡き人と出会う万葉独特の世界観を解明。死者を悼む挽歌が、帝の寵愛の深さを競う「戦いの文学」の横顔をもつことを描きだす。古代学の冒険にして、古からの日本人の死生観にせまる画期的万葉論。

目次

第1章 天皇危篤、その時大后は
第2章 遊離魂を見たと歌うこと
第3章 天智天皇崩御、その時女たちは…
第4章 神と人、生者と死者
第5章 大御船のゆくえ
第6章 思い出のなかの大御船
第7章 船と鳥と恋歌
第8章 薬狩りの記憶を歌う挽歌
第9章 墓で泣くこと

著者紹介

上野誠[ウエノマコト]
1960年、福岡県生まれ。国学院大学大学院文学研究科博士課程満期退学。博士(文学)。奈良大学文学部教授。奈良県立万葉文化館万葉古代学研究所副所長。第十二回日本民俗学会研究奨励賞、第十五回上代文学会賞、第七回角川財団学芸賞受賞。万葉文化論の立場から歴史学・民俗学・考古学などの研究を応用した『万葉集』の新しい読み方を提案。近年執筆したオペラの脚本も好評を博している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

厳選した万葉歌を味読。日本人の叙情と死生観に迫る万葉挽歌研究の最前線!

『万葉集』に収められた「天智天皇挽歌群」を、一首一首丁寧に解説。亡き人を悼む挽歌の心に触れながら、日本人の死生観に迫る。気鋭の万葉学者が万葉研究の新しいスタンダードを打ち立てる、縦横無尽の万葉挽歌論。