角川選書<br> 大地母神の時代―ヨーロッパからの発想

  • ポイントキャンペーン

角川選書
大地母神の時代―ヨーロッパからの発想

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 240p/高さ 19X13cm
  • 商品コード 9784047032101
  • NDC分類 162.3

内容説明

1989年夏、オランダからトルコまで、車でヨーロッパ縦断の旅をした環境考古学の一家が目にしたものは何か―。人工の美しい森と、ギリシア神話の女神メドュウサを化物に変質させた近代ヨーロッパ文明の“負”の姿だった。地球環境の危機にあたって、人類が生き残り得る道を求めて思索するヨーロッパ紀行。

目次

1 日本とヨーロッパ―三つの時代
2 ヨーロッパの根っこはトルコだ
3 メドュウサは神だった
4 縄文時代にもメドュウサがいた
5 神々のたそがれ
6 森の神々の流竄
7 近代文明の犠牲