MF文庫J<br> ぼくたちのリメイク〈10〉エンドロール

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

MF文庫J
ぼくたちのリメイク〈10〉エンドロール

  • ウェブストアに32冊在庫がございます。(2022年05月16日 20時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 292p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784046809971
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「僕には、何ができるんだろう」そう思い悩んで、頑張って、挫折して、そしてまた頑張って、いよいよ大芸大の4回生になった僕、橋場恭也。プロとして商業仕事も順調にこなすチームきたやまのメンバーたちとの距離を感じながらも、それでも自分の道を見つけ歩き始めた。皆と卒業制作を進めることになった僕たちはいま一つ方向性を定めることができず、なぜか河瀬川の愚痴に付き合う日々が続いていた。一方、バイト先のサクシードソフトでは会社の雰囲気、そして先輩の茉平さんの様子が何やらおかしくなり……。いま何かを頑張っているあなたの為にある青春作り直しストーリー、辿り着いた先の第10巻。

内容説明

「僕には、何ができるんだろう」そう思い悩んで、頑張って、挫折して、そしてまた頑張って、いよいよ大芸大の4回生になった僕、橋場恭也。プロとして商業仕事も順調にこなすチームきたやまのメンバーたちとの距離を感じながらも、それでも自分の道を見つけ歩き始めた。皆と卒業制作を進めることになった僕たちはいま一つ方向性を定めることができず、なぜか河瀬川の愚痴に付き合う日々が続いていた。一方、バイト先のサクシードソフトでは会社の雰囲気、そして先輩の茉平さんの様子が何やらおかしくなり…。いま何かを頑張っているあなたの為にある青春作り直しストーリー、辿り着いた先の第10巻。

著者等紹介

木緒なち[キオナチ]
作家兼グラフィックデザイナー兼VTuber(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

オセロ

31
サクシードソフトの問題を解決するにあたって、既に現場で働くプラチナ世代と九路田との差を感じた恭弥。そこからはまさかの展開で、驚きを隠せませんでした。 物語は最終章のようですが、未だに物語の着地点が分かりませんね。続きが楽しみです。2022/03/01

よっち

28
思い悩んで頑張って挫折して、そしてまた頑張っていよいよ大芸大の4回生になった橋場恭也。プロとして商業仕事も順調にこなすチームきたやまのメンバーたちとの距離を感じながら、自分の道を見つけ歩き始める第十弾。なかなか決まらない卒業制作、バイト先のサクシードソフトでも思わぬ事態が発生。今まさに花開こうとするクリエイターたちを見守りながら、時には複雑な思いを懐きながら積み上げてきたその後の彼の姿があって、そこで再び物語を動かし始めるキーマンとなるのはやっぱり彼女なんですね…これは次回からの最終章に期待しかないです。2022/02/24

わたー

20
★★★★★3巻と同等…いやそれ以上にキッツい展開だった。4回生になり、チームきたやまで臨む最後の作品、卒業制作がひかえるなか、サクシードでのバイトに暗雲が…βルートでも発生していた例の事件がついに…そのあおりを受けた竹那珂さんを救うために、これまで温め続けていた「ぼくのかんがえたさいきょうの企画」を進める恭也だったが…といった内容。前半から不穏な空気が漂っていたのだが、後半の追い込みがえげつなかった。歴史の修正力とでもいうべき、彼の頑張りを無に帰すかのような容赦のない展開は、2022/02/28

げんごろう

14
超一流の才能達の飛躍と、突きつけられる現実。 あの展開になるのは納得出来るものでしたが、その先は想定の斜め上をいくもので驚かされました。 次巻からはいよいよ最終章。 どんな展開になるのかわかりませんが、最後まで見届けたいと思います。 あと河瀬川最高です!2022/03/19

りこ

12
四回生になった恭也たちは卒業後の将来を見据えて動き始める。一つの山場を経て恭也が突きつけられた事実は残酷であると同時に腑に落ちるものだった。そしてやはりラストの展開がたまらない。やはり河瀬川が恭也のいちばんの理解者たりえるのだろう。いよいよ最終章を迎える物語、最後まで見届けたい。2022/03/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19271557

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。