MF文庫J<br> 殺したガールと他殺志願者〈2〉

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり

MF文庫J
殺したガールと他殺志願者〈2〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年06月21日 13時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 264p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784046803313
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

それは、他殺志願者の歪な生存の物語。

「──どちら様ですか?」「ひょっとして、浦見みぎりの知人ですか?」「……何、言ってるんだ? 浦見みぎりはお前だろ?」「私、記憶喪失なんです」──それは、他殺志願者の歪な生存の物語。

内容説明

「どちら様ですか?」愛する人に問われて、淀川水面は返答に詰まった。彼が愛する少女、浦見みぎりは、水面に関する記憶を全て失ってしまったのだ。更に、彼女は自身の脳内に『理想の恋人』を作り出しており、水面を恋人だと認識することが出来なくなっていた。絶望の中、水面はみぎりに提案する。「恋人探し、手伝わせてくれ」存在しない、みぎりの恋人を探し、二人は思い出の地を巡り始める。再び動き出した、歪な二人の歪な恋路。捩れて拗れて絡まって、もはや元には戻らない。その先に待ち受けるのは天国か。はたまた地獄か。病的で猟奇的で不器用な少年少女が最高のデッドエンドを手に入れる物語、第二弾。