角川文庫<br> バッテリー〈2〉

個数:
電子版価格 ¥415
  • 電書あり

角川文庫
バッテリー〈2〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月22日 19時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 352p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784043721023
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「育ててもらわなくてもいい。誰の力を借りなくても、おれは最高のピッチャーになる。信じているのは自分の力だ―」中学生になり野球部に入部した巧と豪。二人を待っていたのは監督の徹底管理の下、流れ作業のように部活をこなす先輩部員達だった。監督に歯向かい絶対の自信を見せる巧に対し、豪はとまどい周囲は不満を募らせていく。そしてついに、ある事件が起きて…!各メディアが絶賛!大人も子どもも夢中になる大人気作品。

著者等紹介

あさのあつこ[アサノアツコ]
1954年岡山県に生まれる。青山学院大学文学部卒業。『バッテリー』(教育画劇)で野間児童文芸賞、『バッテリー2』で、日本児童文学者協会賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ehirano1

196
MetallicaのBatteryを聴いていたところ、そういえば確か「バッテリーII」は積読のままだったな、とwww。思春期は難しいですね、巧だと尚更かも。でもこの難しさや登場人物各々の葛藤にページを捲る手が止まりません。おそらく当方の何かしらの共感や苦い思いが重なるのでしょうね。実は人生っていうのは総じてずっと『思春期』なのかもしれないのでは、と思った次第。2020/07/18

再び読書

135
どこまでもストイックに投手にこだわる巧、その巧の球を受けるキャチャーとしての喜びや使命感を感じ悩み揺れる豪。オトムライの指導に徹底的に反発する巧により、野球部の眠っていた問題点が動き出うす。一筋縄ではいかない野球部、想像に反して未だに試合に辿り着かない。少しじれながら、次巻に進んでいく。2012/12/08

hitomi.s

117
一人だった世界が、誰かが近くに居ることで開けていく。感じ方が違うってことは、近しい人でも勿論ある。そこには、歯がゆさとかもどかしさもある。イライラ。ムカムカ。ジリジリ。「そういう考え方もあるんだー」と受け入れられるようになるのは、何故だろう。タイミング?信頼している人だから?あの視界が広がる感覚。忘れずに居たい。「これって児童書なんだよな」と思いつつも、やっぱり面白く再読。2021/03/08

ALATA

112
桜の季節、入部届け、豪との夫婦喧嘩。相変わらず巧の周りは騒がしい。それにしても巧は本当に中坊なのか?あさのさんはなかなか読者に迎合しない、この強かな感じがいいですね。Ⅱ巻になってようやく野球が始まった。先輩との対立、自分がチームを動かすといった傲慢さ、サワヤカとは言い難いが読ませてくれる★5※母が作るフルーツカレー「こんなもん食べれるか」と親子喧嘩。「巧や青波みたいな面白い孫がいる、楽しまにゃ損、損」洋三じいちゃん,いい味出してます。2024/01/12

優希

94
中学を舞台に繰り広げられる野球部の物語は、根性と共に憧れを感じました。中学に進学した巧と豪は野球部に入部。それぞれ軋轢はあるものの、それぞれの意志で野球を本格的に始める第一歩を踏み始めたのだと思います。そして、巧と豪はバッテリーとしてこれから活躍してくれるのだと思うと続きが楽しみになりました。2018/09/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/568609
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。