角川ホラー文庫<br> クリムゾンの迷宮

個数:
電子版価格
¥726
  • 電書あり

角川ホラー文庫
クリムゾンの迷宮

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月16日 04時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 400p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041979037
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

藤木芳彦は、ある日、全く見覚えのない場所で目を覚ました。うっすらと霞む視界に映ったのは、雨に濡れ、一面鮮やかな深紅色に染まった異様な世界。奇岩に囲まれた峽谷だ。記憶喪失か、それとも……。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

サム・ミイラ

582
プレデターズやデス・レースのように物語自体は映画にありがちなネタだと思うがとにかく読ませる!シンプルでありながらアイデアと構成でそれらをはるかに凌ぐ面白さ。こういう作品はジャンルに迷うところだが、随所に出てくるグロい描写からやはりホラーとするのが妥当か。タイトルから火星を舞台にしたSFだと思っていたので、そんなわけはないが、とにかく色々な意味で驚かされる作品だった。しかし人肉を食べ続けると本当にあんなになるのか。事実か作者の創造か知りたいところではあるが、無理だよね(笑)2014/12/21

扉のこちら側

396
2018年248冊め。ゲームブックと絡めた展開というのは面白いと思ったが、このあまりにもスケールが大きいゲームを仕込んだ存在については消化不良である。そこを除けばサバイバルの描写などおどろおどろしくて楽しめた。2018/07/01

nobby

366
一気に読んだ。藤木が的確な選択し続けるのは展開的に当たり前なのですが(笑)ちゃんとその伏線も回収されてる。グロさはあるけど、どんどん読めるのは貴志作品ならではなのでしょうか。しかし、ゲームブック懐かしい!中高時代にはまった思い出が。Amazonで『火吹き山の魔法使い』探してます(笑)2012/08/17

ソルティ

343
超サバイバル。ハラハラドキドキした。人間が食屍鬼(グール)と化してしまう様がホラー。人は極限状態に置かれると変貌するのか。スッキリしない終わり方で真実は主人公の予想だけ。しかし主催者の目的はその予想を聞いても理解不能。それこそが1番のホラーだ。藍の正体、ゲームブックのトゥルーエンドも全てがぼやかして終わった感じでモヤモヤ感が残る。「あんな連中が、それほど自分の心の支えになっていたと知って、藤木は以外の感に打たれた。どんな人間であっても、同じ境遇の仲間がいるということだけで、想像以上に励ましになるのだ。」2019/05/26

nanasi

282
カバーデザインは藤田 新策さんです。解説は収録されていません。謎が残ったまま終わってしまって、モヤモヤしましたが楽しく読めました。報酬が五百万は安すぎ、せめて一千万。2013/10/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/578857
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。