角川文庫<br> 濁流〈上〉―企業社会・悪の連鎖

電子版価格 ¥626
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
濁流〈上〉―企業社会・悪の連鎖

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 397p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041643167
  • NDC分類 913.6

内容説明

経済誌『帝都経済』のオーナー兼主幹の杉野良治は、大物政治家とのつながりを背景に、財界を牛耳る大物フィクサー。企業の弱みにつけ込んでは、広告料などの名目で巨額のカネを集める。記事攻撃を恐れ、唯々諾々とカネを出す大企業、財界人たち。杉野から婿に、と期待されている若手幹部・田宮大二郎は、『帝都経済』をいつか一流誌に、との志を抱くが、その思いも虚しく、杉野の傍若無人ぶりはとどまることを知らなかった。日本の政財官界に澱む悪の連鎖を白日の下に曝し、企業社会の暗部を克明に描いて話題を呼んだ、長編経済小説の傑作。

著者紹介

高杉良[タカスギリョウ]
作家。1939年生まれ。著書に『生命燃ゆ』『広報室沈黙す』『金融腐蝕列島』などがある