角川文庫<br> さかさま世界史 英雄伝 (改版)

個数:
電子版価格 ¥550
  • 電書あり

角川文庫
さかさま世界史 英雄伝 (改版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月24日 19時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 286p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041315316
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

世界史上の英雄たちの虚飾に満ちた正体を見破り、たちまち滑稽なピエロにしてしまう寺山修司の眼力。コロンブス、エジソン、聖徳太子、ゲーテ、毛沢東、キリスト、紫式部…。卑近な話題を調味料に、強烈な風刺と卓抜なユーモアでどんな大人物も見事に料理してみせる、ユニークな英雄伝。

目次

コロンブス
ベートーベン
エジソン
イソップ
ガロ
シェークスピア
二宮尊徳
ゲーテ
ダンテ
スタンダール
毛沢東
カミュ
ニーチェ
聖徳太子
カフカ
マルクス
紫式部
セルバンテス
トロッキー
孟子
キリスト
プラトン
リルケ

著者等紹介

寺山修司[テラヤマシュウジ]
1935年、青森県生まれ。早稲田大学中退。67年、演劇実験室「天井桟敷」を設立。演劇・映画・短歌・詩・評論など意欲的に活動。83年、敗血症により47歳で逝去
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

カピバラ

30
寺山修司にしては、毒は少なめかな?印象に残った話は、スタンダール「猫と女は呼ぶと逃げ、呼ばない時にやって来る」の部分かな。紫式部で、源氏物語の女性を現代に当てはめている話も面白かった。いろんな偉人がざっくり毒舌に書かれているが、特にコロンブスについては、ハンパなくメタメタにされてて笑ってしまった。2015/07/24

北風

22
世界の偉人(?)を皮肉るという趣旨の本です。紫式部のくだりは、とても面白かった。寺山修司という作家は好きなのですが、どこか嫌いなところがあり、うまく言えずにモヤモヤとしてましたが、この本でわかった気がします。人にやたらめったら自由をすすめる人間は、すすめる自分が頑固であることに気づいてないものかもしれませんね。 オススメ度:★★★☆☆2014/10/03

清作

15
【図書館】歴史上の英雄について、寺山修司が独自の切り口で語っている。その中から知っている人物について拾い読みした。中でも二宮尊徳の話が面白い。私は尊徳を尊敬しているのだが、言われてみれば英雄伝として語られる彼には“遊び”や“色気”“無駄”が無く、美談で埋め尽くされている気がする。実際の尊徳にはそういった側面≒人間味があったのだろうか。2014/05/12

moku*

13
ひねくれてるなー。寺山修司らしい作品。こういう視点でみるのもおもしろい。2015/03/07

ちさ

12
独自の観察眼により語られた、様々な英雄伝。良い意味でとてもひねくれていて、寺山さんの思想や信念がよく分かる。二宮尊徳との架空対談が面白かった。2014/07/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/463863

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。