角川文庫<br> 幸福論 - 裏町人生版

角川文庫
幸福論 - 裏町人生版

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 272p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041315033
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たーぼー

49
60年、70年代にあったモラルを蹴散らす野蛮な読書は、確かに古臭い。しかし、その偏執的行為は、現在のやたら生々しさ追求のルポとは明らかに異質なもの、もう二度と見ることの出来ない、あの時代の巨大な幻想を感じるのだ。連続殺人犯の永山則夫がジャズ喫茶、ヴィレッジ・バンガードに居たことは知らなかった。コルトレーンと客の騒音の中、彼は一人、幸福を見出そうとしていたのか。競馬友達、孤独な夜に生きる人々と関係を濃密にし、思いを共有する。陽の当たらない裏通りから不幸を受容し、幸福を見つめる極めて現実的な幸福論ではないか。2017/01/15

となりびと

1
不幸の顔は一つ想像できるけれど、幸福には笑いも涙もあって、人によって捉え方も違っている。その幸福ある明日に向けての考察。幸福って何なのかは読んでみてもよくわからないけれど、元々よくわからない言葉なんだから、そういうものなんだろう。でも、確かに幸福はどこかにあって、誰にでも手に入るモノだろうから、探して迷って、なかなか手に入らなくて辛く思えることもある厄介なモノなんだろうね。2015/05/06

桜井青洲

1
寺山修司が説く「幸福論」。難解な文章でもあるなか時として響く数々の言葉。「故郷」「想像」は著者の作品に多く印象されるがやはり幸福論も同様なイメージ。共感されるかわからないが「演劇」の頁にあった「同類意識」がすごく納得いきました。2014/09/27

いなお

1
実践幸福論2014/09/10

Tomochum

1
再読。時代を彩る空気が肉感的。いつの間にこんな、万人が体と心が切り離されたような画一的無機質な世界に。決してここに描かれた世界を「羨ましい」とは思わない。けれど、肉体と精神が合致していれば、そこここに「幸福」を見つけやすいのではないか、という一抹の希望。2014/09/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/524650

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。