角川文庫<br> 新シャーロック・ホームズの冒険

個数:
電子版価格
¥1,188
  • 電書あり

角川文庫
新シャーロック・ホームズの冒険

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月16日 23時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 336p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041125878
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報



駒月 雅子[コマツキ マサコ]
翻訳

ティム・メジャー[ティム メジャー]
著・文・その他

内容説明

ロンドンで初老の男性が服毒死を遂げた翌日、1人の女性がベイカー街221Bへホームズを訪ねてきた。彼女はアビゲイル・ムーンと名乗り、ペンネームでミステリを書く人気作家。変死した男性は、彼女が次作の被害者として選んだ人物で、創作ノートに書き留めた犯行手口をそっくり盗まれたという。なぜ事件は起きたのか。ホームズとワトスンはムーンの無実を証明できるのか。2人の新たな冒険が始まる!

著者等紹介

メジャー,ティム[メジャー,ティム] [Major,Tim]
イギリスのヨーク出身。作家、フリーランス編集者。SFやホラー、YAのジャンルに著書。評論『Les Vampires』は英国幻想文学大賞ノンフィクション部門の最終候補作、中編『Carus&Mitch』はThis Is Horror賞の最終候補作

駒月雅子[コマツキマサコ]
東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひさか

21
2022年8月角川文庫刊。2021年8月刊TheNewAdventuresofSherlock Holmes-TheBacktoFrontMurderの訳し下ろし。長編。後半でホームズの謎解きが始まるが、劇中劇のように事実の描写で語られる。ここがかったるい。前半で登場した女性小説家のアビゲイル・ムーンが後半は全く登場しなくなるが、これも不満。というわけで、出だしはとてもわくわくして良かったのに、後半で少しがっくりとなりました。ティムさんのパスティーシュ、後2作が楽しみ。出て欲しいなぁ。あ、一つは出てる!。2023/09/27

本木英朗

19
英国の現代本格ミステリ作家のひとつである、ティム・メジャーの長編のひとつである。ロンドンで初老の男性が服毒死を遂げた翌日、1人の女性がベイカー街221Bへホームズを訪ねてきた……とあるのだが。うーん、ちょっと俺には悪かったとしか言えないかなあ。とりあえず以上です、はい。2022/09/11

鐵太郎

16
シャーロック・ホームズの正統的パスティーシュなのだという話に乗って読んでみました。なるほど、あの時代を再現するためにいろいろ勉強したようですね、この作家。本線のお話の顛末が奇妙な鳩レースに関係したなんとも小さな事件であるのに落胆だけど、それに絡む犯人と疑われた女性の扱いに目を剥きます。オビには「今度はトリオで~」とあったので反目しつつ三人が話を進めるのかと思ったらそうでもない。この名コンビの間に入り込み、ワトスンをとことんイラつかせて舞台から去った彼女はなんのためにいたのか。しっくりしないお話ですね。2023/07/01

ダイアナ

7
シャーロック・ホームズのパスティーシュとなればとにかく買って読みたくなってしまう性分でして。とある男性を小説の被害者にしようと行動を追っていた覆面女性作家、アビゲイル・ムーンがホームズを訪ねてきた。その男性が自分の考えた犯行手口で殺されたという……。このアビゲイル・ムーン、かなりキャラ立ちしていてワトスンがかなり振り回されてる感じ。だからなのか何なのかけっこうノってくるまでに時間がかかってしまったけど概ね楽しく読めたので満足。2022/09/27

まーこ

5
シャーロック・ホームズのパスティーシュ作品ということで購入しました。最近、ホームズのパスティーシュ作品をよく見かけるのでついつい買ってしまいます。 ロンドンで一人の男性が服毒死で亡くなった翌日に一人の女性アビゲイル・ムーンがホームズの元を訪れ……というストーリー。この女性がなかなか曲者です。彼女は白か黒か、悩むワトスン。ホームズにアビゲイルに、二人に振り回されるワトスンは相変わらずです。 結末は「そういうことか〜!」と思いましたが、アビゲイルのことをもう少し取り上げてくれてもよかったのにとも思いました。2022/09/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19953472
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。