角川文庫<br> アルセーヌ・ルパン対明智小五郎―黄金仮面の真実

個数:
電子版価格 ¥968
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
アルセーヌ・ルパン対明智小五郎―黄金仮面の真実

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月18日 07時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 496p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041121672
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

全米発売『シャーロック・ホームズ対伊藤博文』に続く第2弾

内容説明

アルセーヌ・ルパンと明智小五郎が、ルブランと乱歩の原典のままに、現実の近代史に飛び出した。昭和4年の日本を舞台に『黄金仮面』の謎と矛盾をすべて解明、さらに意外な展開の果て、驚愕の真相へと辿り着く!カリオストロ伯爵夫人に息子を奪われたルパン、55歳の最後の冒険。大鳥不二子との秘められた恋の真相とは。明智と文代の馴れ初めとは。全米出版『シャーロック・ホームズ対伊藤博文』を凌ぐ、極上の娯楽巨篇!

著者等紹介

松岡圭祐[マツオカケイスケ]
1968年12月3日、愛知県生まれ。デビュー作『催眠』がミリオンセラーに。大藪春彦賞候補作『千里眼』シリーズは累計628万部を超える人気作となった。「万能鑑定士Q」シリーズは2014年に映画化され、さらにブックウォーカー大賞2014文芸賞を受賞、17年には吉川英治文庫賞候補作となる。その他作品多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

えみ

64
あの伝説とも言える物語を再び目にすることが出来る日が来るなんて!あの事件の再来、あの2人の再会、今まで語られなかった江戸川乱歩『黄金仮面』の奥に秘められた真実の物語がここに!!アルセーヌ・ルパン、そして明智小五郎。互いにとっての好敵手、彼らが紡ぐ新たな伝説の目撃者となる。恋の終わりと始まりと…命を懸けた絆に人生をも変える友情と…。誰も知らなかったルパンと明智のあの日あの時その後で…を知ることができるこの一冊、アドレナリンをじゃんじゃん出しながら読んだのは言うまでもない。『黄金仮面』が生んだ新たな冒険小説!2022/02/19

ひさか

45
2021年11月角川文庫刊。書き下ろし長編。ルパンと明智小五郎と黄金仮面、不二子、クラリス、二十面相?なんかも登場する豪華キャストの冒険活劇。コアなファンではない私には、詰め込み過ぎで長すぎました。多彩なファンサービスに圧倒されます。2022/02/26

geshi

36
よくまぁここまで詰め込んだものだと感心するルパン&明智パスティーシュ。前半は事件が起きたら読者に考える隙も与えず解決して次の展開に転がるスピードで振り回す。後半は第三勢力の壮大な計画に対峙するルパン・明智連合の形になっていて、タイトルの「対」は消えちゃう。戦前の探偵小説らしいトリック満載で読んでいて飽きないが、めまぐるしすぎる印象を覚える。戦争へ進む近代史と絡めつつ、ルパンの親子関係と過去の因縁の決着。怪人二十面相誕生まで盛りに盛って、元作品ファンへのサービス精神に隙がない。2022/02/28

鐵太郎

35
江戸川乱歩の「黄金家面」にあったルパンらしき人物の冷酷非情・人種差別なところ、ルブランの「虎の牙」で語られたルパンの作った広大なイスラム帝国。なんか引っかかるところがあったのですが、松岡圭祐さんは、この本でこれらの中のつじつまの合わない荒唐無稽なところを実に丁寧に再構築し、矛盾をきれいに整理しています。そしてその先にあるのは、等身大の30代の明智小五郎と、50代のアルセーヌ・ルパン。これは面白い。怪盗二十面相、カリオストロ伯爵夫人まで登場する(本当か?!)となれば、言うことなし。お見事です。2022/01/13

garakuta@読書とゲームの愛好家

30
【速読】小林書店さんで、購読:ゲームにも、充分に役立ちそうな小説で、面白かった。自分も、このような文献を参考にゲーム脚本を書けるようになりたく思う。2021/12/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18898981

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。