角川文庫<br> カラスの祈り―警視庁53教場

個数:
電子版価格
¥836
  • 電書あり

角川文庫
カラスの祈り―警視庁53教場

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月16日 23時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 416p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041116272
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

捜査一課の転属を断り警察学校に残った五味は、窮地に立たされていた。元凶は一昨年に卒業を認めなかった“あの男”――。信念を貫き通した結果ではあったが、家庭でも教場でも綻びが生じ始めていた。解決策を見出せずにいる中、法務省矯正局から特任教授の赤木が着任する。彼女の働きかけによって状況は少しずつ動き出すが……。53教場最大のピンチに歴代卒業生も全員集合! 驚愕の結末に息を呑む、人気シリーズ第5弾。

内容説明

捜査一課の転属を断り警察学校に残った五味は、窮地に立たされていた。元凶は一昨年に卒業をさせなかった“あの男”―。信念を貫き通した結果ではあったが、家庭でも教場でも綻びが生じ始めていた。解決策を見出せずにいる中、法務省矯正局から特任教授の赤木が着任する。彼女の働きかけによって状況は少しずつ動き出すが…。53教場最大のピンチに歴代卒業生も全員集合!驚愕の結末に息を呑む、人気シリーズ第5弾。

著者等紹介

吉川英梨[ヨシカワエリ]
1977年、埼玉県生まれ。『私の結婚に関する予言38』で第3回日本ラブストーリー大賞エンタテインメント特別賞を受賞し、2008年に作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

タイ子

94
シリーズ第5弾。前巻「正義の翼」からの続編。前巻のあのラストからどうなるの?って思いきやいろんな意味でえらいことになっておりました。あのクズ男VS.五味教官の壮絶な闘いが繰り広げられる。その場所は敢えて書かないが、今回は法務省矯正局から出向してきた赤木特任教授の腕が冴えわたります。五味の精神状態危うし!みたいな展開もあり、今回もハラハラドキドキ、時にムカムカ。あの男を逮捕するために53教場の卒業生が集合、一致団結して五味を助ける。五味の優しさをこれでもかと感じるたび涙が出そう。真実に驚愕、結末にナットク。2021/07/21

ゆみねこ

68
シリーズ第5弾は前作で卒業させなかった悪魔のような男を抱え込んだ五味の苦悩が描かれる。信念を持って抱えたあの男のために教場も家庭も歪みが…。歴代の卒業生たちと綾乃があの男の犯罪の裏付けのために奔走し、証拠を固めてゆく。モンスターはなぜモンスターになったのか?結末に驚き、五味の愛情で彼が心を開く過程に心が震えた。順番に読んでこそ、このシリーズの良さがわかる。面白かった!2024/02/15

えりこんぐ🐤

67
シリーズ5作目。ありえない決着を見せた前回の続き。絶対に卒業させてはいけない悪魔、深川翼。やつを監禁して1年半、五味さんは心身ともに壊れる寸前! 新婚の綾乃とはすれ違い、結衣は受験でイライラ、担当教場もまとまらない。。もはや癒しとなった高杉助教や歴代卒業生が協力する姿が頼もしい。吉川さん、最初から2部作で考えてたのかな? ハラハラした今回も面白かった。【積読114】2021/09/11

Yunemo

56
五味教官が壊れていく、こんな展開で始まった第5作目。新婚妻の綾乃、娘の結衣、家族まで壊れてしまうのかと一瞬ハラハラ。それぞれがそれぞれに慮り過ぎると、そのちぐはぐ感が悪循環のメビウスの輪。ここまでじゃないとしても自身の実生活でも思い当たることが多くて。深川翼の存在、前作で五味がとった対応、いいのかねと素朴に想ったけど、ここにきて爆発。これが五味を苦しめて。でもね、翼みたいな存在、現実にいるんでしょうね。現実の事件を見ると自分を抑えられない若者が多過ぎて。その原因の一つを本作で取り上げたとも考えられて読了。2021/08/16

ren5000

50
ちょっと忘れてたけど今回は前作の続きだった。いつもと違って五味教官がダメダメで前半大丈夫かと心配になったけど後半で盛り返して一安心で良かった。シリーズ通して一番しんどい内容だったかも。なんか一区切りついた感じなんだけどこれで終わるのも良し新たな展開も良しって感じです。面白かったけど疲れた。2022/02/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18162872
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。