角川文庫<br> 高校事変〈11〉

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

角川文庫
高校事変〈11〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月01日 23時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 349p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041115299
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

慧修学院高校襲撃事件後、日本で緊急事態庁が発足。喫緊の問題を次々と解決に導いたことで、内閣支持率は急激に回復していた。国内が落ち着いたかに見える中、結衣の異母妹である凜香は「探偵の探偵」の紗崎玲奈の行方を追っていた。やがて結衣が帰国を果たし、緊急事態庁を裏で操っていた優莉架祷斗が本性を露わにしていく――。互いの思惑が交錯する中、本土最終決戦に向けて賽は投げられた。ついに大詰めの11巻!

内容説明

慧修学院高校襲撃事件後、日本で緊急事態庁が発足。喫緊の問題を次々と解決に導いたことで、内閣支持率は急激に回復していた。国内が落ち着いたかに見える中、結衣の異母妹である凛香は「探偵の探偵」の紗崎玲奈の行方を追っていた。やがて結衣が帰国を果たし、緊急事態庁を裏で操っていた優莉が本性を露わにしていく―。互いの思惑が交錯する中、本土最終決戦に向けて賽は投げられた。ついに大詰めの11巻!

著者等紹介

松岡圭祐[マツオカケイスケ]
1968年12月3日、愛知県生まれ。デビュー作『催眠』がミリオンセラーに。大藪春彦賞候補作『千里眼』シリーズは累計628万部を超える人気作となった。「万能鑑定士Q」シリーズは2014年に映画化され、さらにブックウォーカー大賞2014文芸賞を受賞、17年には吉川英治文庫賞候補作となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

W-G

369
著者の他シリーズを読んでいないので、熱烈なファンほどには満足度が上がらなかった。冒頭から日本が半グレに牛耳られており、『探偵の探偵』とのクロスオーバーから、北朝鮮から戦闘力爆発上がりの結衣が帰国。ラストは原爆を使った自爆テロと、かなり破天荒な領域まで来てしまった。それ自体は別に良いのだが、今回は、次々に迫るピンチの切り抜け方が雑というか、まったく説得力を感じないのが問題。ウェイ兄弟は存在そのものがギャグで終わってしまった。いくら何でもあの状態から、あんなやり方で助かるのは都合良すぎる。2021/10/09

starbro

273
【★高校事変 完読プロジェクト】JK青春ハードボイルド『高校事変』の第11弾です。緊急事態庁恐るべし、ここまでスケールが大きくなるとは思いませんでした(笑) 愈々クライマックス?、来春のⅫ巻が大変楽しみです。 https://bookmeter.com/users/512174/bookcases/11705040 https://promo.kadokawa.co.jp/matsuokakeisuke/2021/10/30

ひさか

123
2021年9月角川文庫刊。書き下ろし。シリーズ11作目。架祷斗と結衣の兄弟対決が日本中を巻き込む話になって行く冗談のような展開が面白い。不死身の結衣が楽しい。まだ続くとは予想外です。2021/12/17

スエ

116
き、きたっ❢ 冒頭は再び、ホンジュラスでデンジャラス。プライベートはデンジャラス(ドキドキッ!) 早速エマージェンシー!結衣(なみだの)操の危機か?!いや、結衣はちょっとやそっとじゃくずれ〜ない♪はずっ!「人殺しはふたりの共通項」物騒なワード飛び交う、母娘喧嘩は肉斬り包丁。姉妹喧嘩はアサルトライフルにお手製手榴弾!!……正気の沙汰とは思えない(ざわざわ) 命はひとつよ?ふたつもみっつもありゃしないのよ?!そこんとこヨロシク(永ちゃん)と、思わず突っ込みたくなった所で戦いは世界規模へ!おいてかないで〜!!2021/10/11

Yunemo

107
まさかね、優莉と友里という名字がここで重なるなんて。智 沙子と結衣の母親が。随分昔の千里眼とのコラボをこの11巻で、まさに驚き。岬美由紀が登場したら年齢的に合うのかな、一体どこまでコラボ人物を増やすのかな、出版社の問題もあるよね、なんてことを一人想いながら読了です。本作、結衣の一段とパワーアップした動きが魅力です。緊急事態庁とはまた新たな視点。いつの間にか国家の問題にまで展開していく様が妙にリアルに感じられて。でもやはり、争う身内も警察官も、結局のところ自身の意思を大事にするという心の綾の動きが嬉しくて。2021/10/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18534608
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。