角川文庫<br> 万能鑑定士Qの事件簿〈0〉

個数:
電子版価格
¥748
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
万能鑑定士Qの事件簿〈0〉

  • 松岡 圭祐【著】
  • 価格 ¥748(本体¥680)
  • KADOKAWA(2020/07発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 30pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • ※KADOKAWAのシステム障害により、お取り寄せに通常よりもお時間がかかります。出版社の状況によっては、ご注文をキャンセルさせていただく場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041090114
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

2009年、都内でバンクシー作とおぼしきステンシル画が見つかった。真贋判定を依頼された「万能鑑定士」の凜田莉子は、都庁に赴きその絵を鑑定。これにて一件落着かと思われたが、その場は序章に過ぎなかった――。ゴッホの真作、漢委奴国王印を巡る謎に次ぐ謎、そしてまさかの真実! 舞台は熱海、福岡、そして日本を飛び出しグアムまで! 再び帰ってきた莉子の知られざる大勝負。シリーズ最後にして最初、最大の事件に挑む!

内容説明

2009年、都内でバンクシー作とおぼしきステンシル画が見つかった。真贋判定を依頼された「万能鑑定士」の凛田莉子は、都庁に赴きその絵を鑑定。これにて一件落着かと思われたが、その場は序章に過ぎなかった―。ゴッホの真作、漢委奴国王印を巡る謎に次ぐ謎、そしてまさかの真実!舞台は熱海、福岡、そして日本を飛び出しグアムまで!再び帰ってきた莉子の知られざる大勝負。シリーズ最後にして最初、最大の事件に挑む!

著者等紹介

松岡圭祐[マツオカケイスケ]
1968年12月3日、愛知県生まれ。デビュー作『催眠』がミリオンセラーに。「万能鑑定士Q」シリーズは2014年に映画化され、さらにブックウォーカー大賞2014文芸賞を受賞、17年には吉川英治文庫賞候補作となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

utinopoti27

158
あの凛田莉子が9年ぶりに帰ってきた。とはいえ、今回は時系列をシリーズ当初の1年前に巻き戻した設定となっている。万能鑑定士の看板を掲げてまだ間もないヒロインが、バンクシーやゴッホの作品、国宝の金印を巡り、狡猾な窃盗団と渡り合う。天然系ヒロインの初々しい魅力に加え、『グアムの探偵』とのコラボをはじめとした、サービス精神溢れるコミカルな趣向の数々・・。徹頭徹尾楽しめること間違いなしだ。それにしても、驚異的なペースで作品を発表し続ける天才・松岡圭祐の頭には、いったいどれだけのアイデアが詰まっているのだろうか。2021/09/08

Yunemo

88
この作品必要だったのかな、との素朴な疑問。シリーズ最後にして最初、最大の事件。この謳い文句にも何だかなぁ、との想いに駆られてしまって。2009年、凜田莉子が22歳、自分の鑑定に疑心暗鬼な、揺れ動く葛藤の様子、ほんとに初々しさを強調して描かれてます。バンクシー作品、漢委奴国王印、ゴッホの絵とそれぞれの繋がりの中で得意の推理が徐々に確信に向かっていく表現には、やっぱりこれが真髄との想いを強くして。わざわざグアムの探偵とコラボすることもなかったのにな、との消極意見も。当初のジョークじゃないジョークには含み笑い。2020/08/15

hiro

83
このシリーズは『万能鑑定士Qの最終巻』で終わったと思っていたが、版元も角川に戻ったこの0は、莉子がまだ万能鑑定士として自信が持てない頃の話。『探偵の鑑定』ではとんでもない危ない目に遭った莉子だが、まだ無防備な莉子を助けるのはあのグアムの探偵たちだ。これで松岡作品の主だった主人公は、このシリーズで莉子と顔を合わせたようだ。この後にモナ・リザやムンクも鑑定する莉子が、今回鑑定するはバンクシー、ゴッホ、そして国宝の漢委奴国王印。さて莉子はレイの助けを借りて、万能鑑定士して自信をつけることができるのだろうか。 2020/11/21

のいじぃ

81
読了。Kindle版。バンクシーの名前に誘われてシリーズ初読み。次から次へと起こる問題に翻弄されていく流れは面白いと思ったものの、2時間ドラマのように分かりやすい脇役たちの性格やヒロインを何かと持ち上げていることが途中から読んでいてしんどくなった。作中で自らも触れているのに執拗に繰り返されるそれは作者にとっては何の意味があるのだろう?彼女も謙虚と見せかけてホテルのはちみつを「鑑定」して知識をひけらかしてる姿は天才とは違う姿に映る。畳のトリックも少々荒っぽく、バンクシーを利用した最後の贈り物も夢小説のよう。2020/07/29

さばかん

74
0(ゼロ)が出るなんて聞いてないんですけど!? って本屋で見つけて思わず呟いてしまった。 沖縄の名もなき少女が、万能鑑定「士」になるまでの物語。 国を跨いでの東奔西走。 万能鑑定士Qはここから始まった。2020/11/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16039049
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。