角川文庫<br> ペコロスの母に会いに行く

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
ペコロスの母に会いに行く

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月09日 16時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 251p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041075357
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

出版社内容情報

父を亡くした年、80歳の母の認知症が始まった。10人姉弟の長女でしっかり者の母。酒飲みの夫と二人の息子を抱え、懸命に生きてきた。
「だけんもう、何もかんも忘れてしもて良かろー?」
ようやく身軽になれた母に、僕は会いに行く。時にほがらかな少女に、初々しい妻になる母に。
母ちゃん、ぼけてよかったな――。
第42回日本漫画家協会賞優秀賞受賞、ベストセラーとなり映画化された、笑いと感動のコミックエッセイ。新たに18篇を収録!
エッセイ・伊藤比呂美

内容説明

父を亡くした年、80歳の母の認知症が始まった。10人姉弟の長女でしっかり者の母。酒飲みの夫と二人の息子を抱え、懸命に生きてきた。「だけんもう、何もかんも忘れてしもて良かろー?」ようやく身軽になれた母に、僕は会いに行く。時にほがらかな少女に、初々しい妻になる母に。母ちゃん、ぼけてよかったな。第42回日本漫画家協会賞優秀賞受賞、ベストセラーとなり映画化された、笑いと感動のコミックエッセイ。新たに17篇を収録!

著者等紹介

岡野雄一[オカノユウイチ]
漫画家、シンガーソングライター。1950年長崎市生まれ。高校卒業後に上京、出版社に勤務。40歳で離婚を機に息子を連れて長崎に戻る。広告代理店の営業、タウン誌編集長などを経てフリーライターに。自費出版した漫画が地元で話題になり、2012年7月に『ペコロスの母に会いに行く』が西日本新聞社から出版。認知症の母の今と昔をやさしく描くタッチとさわやかな感動が口コミなどで広がり、第42回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。20万部超のベストセラーとなった。13年には実写版で映画化され、同年キネマ旬報ベスト・テンで日本映画1位に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かば

16
現在と過去、此岸と彼岸が混じり合うこの感覚、好きである。2019/04/13

caizi

10
叔母の事を思い出しながら涙しました。叔母をたずねるとみるみる少女の顔付きになり「あっ、あやちゃん!あっちで遊ぼう!」とはしゃいでいた姿が忘れられません。私の義母も母も年老いてきて、介護をする番が近づいてきています。このペコロスさんのように穏やかに過ごせられたいいなと思いました。この本に心の持ちようを教わったような気がします。2019/03/23

ATS

6
☆☆☆ななめ読み。いまの自分にはいまひとつ。なんか入り込めなかった。2019/05/13

海星梨

4
KU。心が温かくなって、そして自然と涙が出てくる不思議なエッセイ漫画。2021/11/07

茶々太郎

4
応援している劇団のメンバーが出演した舞台の原作ということで、店頭で見つけて購入。 ちょうど認知症の義父が亡くなったばかりのタイミングということもあり、我が身に置き換えて読む。 「作品」として捉えるなら、やや説明不足が目立つ印象だったり、途中の詩も響かなかったり。 とはいえ実体験の重みは重みですな。2019/04/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13595708

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。