夜のリフレーン

個数:

夜のリフレーン

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月18日 08時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 296p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784041072264
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

皆川博子が紡ぐ、妖艶かつ幻惑的な短編集夫に執拗につきまとう女には驚くべき秘密 があった……(「恋人形」)ほか、福田隆義氏のイラスト、中川多理氏の人形と小説とのコラボレー ションも収録。著者が紡ぐ物語世界の凄みと奥深さを堪能できる24編。

皆川 博子[ミナガワ ヒロコ]
著・文・その他

日下 三蔵[クサカ サンゾウ]
編集

内容説明

芝居小屋で起きた人気役者の謎めいた自殺と、その驚くべき顛末を描く「赤姫」。絵画をこよなく愛した父の死後、母の中に巣くう狂気に意外な形で気づく「陽射し」。女性の秘めた復讐心を静謐な筆致で浮かび上がらせる「紡ぎ唄」。中川多理氏が制作した球体関節人形から想を得た「そこは、わたしの人形の」など24篇。初期の作品から現在までの単行本未収録作品を精選して収録。短くも濃密な物語の数々に、著者の物語世界の多彩さと奥深さを堪能できる贅沢な作品集。

著者等紹介

皆川博子[ミナガワヒロコ]
1930年旧朝鮮京城生まれ。73年に「アルカディアの夏」で小説現代新人賞を受賞。85年『壁―旅芝居殺人事件』で第38回日本推理作家協会賞(長編部門)を、86年『恋紅』で第95回直木賞を、2012年『開かせていただき光栄です』で第12回本格ミステリ大賞を、同年に第16回日本ミステリー文学大賞を受賞した。15年には文化功労者に選出された。ミステリー、幻想文学、時代小説などジャンルを超えて活躍を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いつでも母さん

169
24篇の短編。超短い短編もあるがページ数じゃない。そこにある不思議。哀しみもあるがざわりとするあれやこれ。寄せては返す波の様に私を離さない。生きている人間が一番怖いが、人形の話はちょっと苦手・・『蜘蛛が踊る』のあぶら寺はどこにあるのだろう。私のそばにあるのかなぁ・・キャー!2018/12/12

みどり虫

153
昨夜読み終えて、すぐにレビューが書けなかった。読メを開いてレビューを書くという現実の世界に戻らないまま眠りたかった。読み友さん達のレビューが上がる度に気になっていた皆川博子さんを初読みして、この一冊ですっかり虜。短編でこれ…?一つ一つのお話を読み終える度に深呼吸するような思いだったのに。長編を読んだら物語の世界から帰って来られなくならないの?それでも次はもっと長い旅に出てみたいな。帰って来られなくてもいっかな。まりりん、ステキな本をステキなレビューで教えてくれて、どうもありがとう♡《初読み作家8/20》2019/03/07

藤月はな(灯れ松明の火)

107
皆川博子作品は短編ですら幻惑と媚薬めいた毒を孕んでいる。そんな彼女の作品の中で今まで単行本化されなかったものを集めた短篇集。それを読みながら極上の白昼夢の中で漂う陶酔を味わうのは至福の時間だ。序盤の表題作からもう、女の静かに立ち上ってくる情念と狂気にゾクゾクしてしまう。「スペシャル・メニュー」は最初の滑稽さに対するスペシャル・メニューの落差よ。「紡ぎ唄」のアンファンテリブルでサイコパスな少女も末恐ろしい。女としては「恋人形」と「虹」、「七谷屋形」に共感してしまう。そして「新吉、お前の」のエロチシズムは絶品2018/11/23

あも

105
あわいという言葉が好きだ。友人と恋人のあわいの時期。昼と夜のあわい。現実と夢幻のあわい。湖の真ん中にポタリと垂らされた滴がじわりと広がり湖を別の色に染めてゆく。取り返しの付かない事象がゆっくりと目の前で展開していく不安の中にかそけく息づく昂揚。陶酔と耽溺。目の前を流れては消え、また流れる白と黒の物語たちに溺れずにいられようか。こちらとあちらが溶け混じり合うかわたれの時が来る。垂らされた一滴が心を浸食する毒だと気付いたときにはもう遅い。湖すべてに染み渡った時、現れるのは闇を溶かす漆黒か、目を眩ませる純白か。2019/05/16

jam

104
紡がれる章の断片に世界を宿し、果ては見えない。いずれもが間(あわい)を描く。一瞬、自分の眼でみているものがわからない感覚。するりと入り込まれる違和感。信じているものが根底から崩れていく。しかし、それを知っている。考えないように、見ないように、閉ざしているだけ。世界の成り立ちの法則を人は求め続けているけれど、人智が届かないものは、確かに在る。だから、世界は美しく残酷で、物語を必要とするのだろう。皆川は、わずか数行で世界の創造主になり、統べる。2019/01/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13149884

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。