角川文庫<br> ニッポン泥棒〈下〉

個数:
電子版価格 ¥836
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
ニッポン泥棒〈下〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月27日 15時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 454p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041071120
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

時代の変わり目で奮闘する男の行き着く先は? ノンストップサスペンス!未来予測ソフトウェア「ヒミコ」の解錠鍵に選ばれたことで、陰謀に巻き込まれた元商社マンの尾津。もう一人の解錠鍵・かおるを見つけ出すが、「ヒミコ」を巡る争奪戦はさらに加速していき――。

大沢 在昌[オオサワ アリマサ]
著・文・その他

内容説明

未来予測シミュレーションソフト「ヒミコ」の真の能力、それは望んだ未来を実現するために必要な暗殺対象がわかる「イレイス」機能にあった―。ヒミコの封印を解くためのもう1人の「鍵」であるかおると合流した尾津。情報を得るために自ら陰謀の渦中に飛び込み、尾津を追う組織の黒幕「コブラ」と対峙するが―。信用できるのは誰なのか?ヒミコを狙う組織の正体とは?著者渾身の一大エンターテインメント!

著者等紹介

大沢在昌[オオサワアリマサ]
1956年、名古屋市生まれ。慶應義塾大学法学部中退。79年「感傷の街角」で小説推理新人賞を受賞しデビュー。その後、86年『深夜曲馬団』で日本冒険小説協会最優秀短編賞、91年『新宿鮫』で吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞、94年『無間人形 新宿鮫4』で直木賞、2004年『パンドラ・アイランド』で柴田錬三郎賞、10年、日本ミステリー文学大賞、14年『海と月の迷路』で吉川英治文学賞を受賞。ハードボイルド、冒険小説を中心に幅広い分野で活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

カブ

41
世界を変えることが出来るかもしれないシュミレーションソフト、「ヒミコ」。ヒミコを手に入れるべく物語は進んで行くが、私の中では、誰が味方なのか敵なのか、ソフト解読の鍵の意味もわかりにくく、とりあえず最後はみんな無事でよかったね的なお話です。2018/12/31

Naoko Fukumi Fujita

5
2番目に好きな作家の本、文庫下編。257頁が秀逸、「結婚において、打算をしない人間などほとんどいまい。男女を問わず。露骨な金目当てはともかくとしても、この相手なら暮らしていきやすいだろう、というていどの計算はあるものだ。厳密にいえば、それも打算ではないのかね。」そして、巻末の山前譲の解説がすばらしい。ちょうど、この本を読み終わった日に著者がラジオ出演し、来年の発売予定の本について話をしていました。今年も鮫祭りを楽しみました、ありがとうございました。2018/11/21

かずぺん

4
読み応えがありました。社会問題がいろいろと盛り込まれているのも楽しめました。2018/12/25

tako_machida

3
ハラハラドキドキ感はなかったけど、大沢さんらしい王道のストーリーとキャラクターは安定感があって、楽しめました。2018/12/15

あきのぶ

3
予想以上に、敵味方が混乱した。そして、なんだか唐突な終わり方。ページめくって、エピローグでもあるのかと思ったが、解説だった。2018/12/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13035955

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。