カドカワBOOKS<br> 公爵令嬢の嗜み〈5〉

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

カドカワBOOKS
公爵令嬢の嗜み〈5〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月19日 10時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 320p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784041054697
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

隣国・トワイルと戦争に突入し、必死に領地を守るアイリス。領民たちと力を合わせ危機を乗り切ろうとする彼女の元に、第一王子アルフレッド戦死の知らせが!? ワーキングお嬢様、望む未来をつかむために奔走する!

内容説明

私の存在意義なんて、どうでもいい。…けれど、私自身が歩いてきた結果が今、ここにある。隣国トワイルとの開戦に、アカシア国の陰謀を感じたアイリスは、今まで自分を支え信頼し、共に歩んでくれた全ての人々の力を借りて奔走する。そんななか、最前線で第一王子アルフレッド―即ちディーン戦死の知らせが届き…!?バッドエンドから始まったワーキングお嬢様の物語、様々なものを喪い、そして得て、彼女が見つけた“幸せ”とは!?

著者等紹介

澪亜[レイア]
1990年生まれ。A型。巷でインターネット小説が流行った頃から、通学時間を利用して読んでいた。近年インターネット小説の世界に戻り、『公爵令嬢の嗜み』を執筆してデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

宇宙猫

25
★★★ 完結編。まぁ上手くまとめたんじゃないかな。2017/10/21

dorimusi

18
本編としては完結。なのかな。 戦記物でもないので、東部も北部も戦闘そのものはおいとくとして。ディーンの死亡説→レティ即位への流れは計画通りなのかは読者にはわかるようにしてほしかったな。ディーンに対する評価が全然違うものになっちゃうと思うんだけど。。 偶然生き残って、アイリスが断ったみたいだしラッキーみたいな、場当たり的な結ばれ方になってない? 6巻以降も借りてるけど続きはいいや。完結まで一気に読んだ!って言う達成感はある。2021/12/04

anko

15
恋愛ものと言うより歴史人物ファンタジーなのかなと。公爵令嬢アイリスがたくさんの謀略や困難にぶつかりながらも成功と愛をつかみ取るお話。転生ものでもありお決まりの断罪シーンから始まるけどそれぞれのエピにクライマックスがあり対決の場面、戦いの場面それぞれに臨場感もあって一気読み。長いお話なのに冗長にならずスピード感のある展開と魅力的な登場人物に魅せられた。最後はちょっとバタバタしたかな。これで終わりは寂しいような、番外編やスピンもあるかな?2017/10/06

いくら丼

13
集大成の本編完結編です。駆け抜けます。今までの努力が一気に花開きます。東の報告はまじで泣く……そして、母は強し――とは言いますがちょっと強すぎやしませんかねw人を信じること、或いは人を愛すること……これって物凄く難しいと思う。少なくとも私にとっては非常にハードルが高い。「愛している」とか聞くと、基本薄っぺらく聴こえてしまうのは、私が人の愛を信用できていないんだろうなw恋愛感情を知らないのも、他人に心を許していないんだろうなと思う今日この頃、こんな経験をしてもそれを手放さないアイリスは強いと改めて思います。2022/09/23

しろね

13
アイリス編最終巻。ついに恐れていたトワイル国との戦争が始まり、領地を守るべくアイリスは仲間たちの力を借りて奔走します。そして、アイリスは今まで走り続けた結果と向き合うことになり…。常にハラハラする様子がひたすら続き、読む手が止まりませんでした。また、最後まで読んでアイリスはわたしにとって理想の女性だと心から思いました。2020/08/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12200384
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。