富士見L文庫<br> 魔女の婚姻―偽花嫁と冷酷騎士の初恋

個数:
電子版価格
¥726
  • 電書あり

富士見L文庫
魔女の婚姻―偽花嫁と冷酷騎士の初恋

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月13日 13時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 285p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040747088
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

 青の森の魔女・ネリは、母が連行されて以来ひとりで生きてきた。ある日、政略結婚を退けたいと依頼人の令嬢が訪ねてくる。その結婚相手こそ宿敵・エルヴィンだった。ここ数年、魔女のしわざだとされる「化石病」が貴族の間で流行している。魔女の取引は厳しく取り締まられ、母は騎士のエルヴィンに連行されたのだった。母の行方を捜すため、ネリは変異魔術で令嬢に成り代わり嫁入りする。
 偽物のはずの結婚生活は、孤独なネリと頑ななエルヴィンを変えてゆく。正体を隠すネリの心が揺れる中、悪意が二人に迫り――。

内容説明

青の森の魔女・ネリは、母が連行されて以来ひとりで生きてきた。ある日、政略結婚から逃れたいと依頼人の令嬢が訪ねてくる。その結婚相手こそ宿敵・エルヴィンだった。ここ数年、魔女のしわざだとされる「化石病」が貴族の間で流行している。魔女と人の取引は厳しく取り締まられ、母は騎士のエルヴィンに連行されたのだった。母の行方を捜すため、ネリは魔術で令嬢に成り代わって嫁入りする。偽物のはずの結婚生活は、孤独なネリと頑ななエルヴィンを変えてゆく。正体を隠すネリの心が揺れる中、悪意が二人に迫り―。

著者等紹介

村田天[ムラタテン]
2019年、第7回ネット小説大賞を受賞。『藤倉君のニセ彼女』(一二三文庫)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しまふくろう

41
表紙が可愛くて購入。挿絵は無かった。 物語は魔女が母親を探す為に花嫁と入れ替わる話。花婿の振る舞いが酷過ぎて入れ替わりに気付かれない、という展開には噴き出した。夫婦として過ごすうち互いに惹かれ合う王道の展開や化石病や母の行方なども含めて、最後まで面白く読めた。 表紙のネリが大変可愛らしいので、コミカライズして欲しいなあ。2022/10/19

よっち

35
秘薬を取引したとして母が連行されて以来、一人で生きてきた青の森の魔女ネリの元に、ある日政略結婚を回避したい令嬢ソフィーが訪ねてくるファンタジー。その結婚相手が母を連行したエルヴィンと知り、母の行方を捜すため変異魔術で令嬢に成り代わり嫁入りするネリ。少しずつエルヴィンが化石病撲滅に賭けていた思いを知り、ネリのありように彼の心境も少しずつ変わっていって、いつしかかけがえのないものになっていった偽りの結婚生活、化石病が貴族の間だけで蔓延していた真相、紆余曲折の末に二人が迎える結末にはぐっと来るものがありました。2022/10/15

わたー

27
★★★★★最高すぎやしないか?望まぬ結婚を強いられた令嬢に化けて、とある貴族の青年に嫁入りした魔女ネリ。その青年は、かつて不当に重い罪によって母を連れ去ったエルヴィンだった…ことから始まるファンタジー作品。現代モノを書いてきた著者が初めて扱う舞台ではあるものの、本来、敵対関係にある二人がおざなりな結婚式をあげるというプロローグから、最早、結末は読めたも同然。だがそこがいい。著者の作品に対して読者が求めているものを求めている通りに調理してくれていて、実家のような安心感さえあった。2022/10/17

dorimusi

21
魔女とか秘薬の設定も世界観も、善き魔女だった母が騎士に連れていかれ、消息を知るために騎士のもとに令嬢に変化して偽装?結婚して始まる物語のプロットも良かった。 続きモノじゃなくて一話完結で書くなら、なんかこのラノベらしいライトな文章はもったいなかった。 せっかく設定も結構重たいので、がっつり重たい文章でミステリ部分も本格な感じで書きこんでくれたら良かったのに!作者の方向性じゃないかもですが……。2023/12/21

MAMI.

20
★★★★☆2023/05/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20218582
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。