富士見ファンタジア文庫<br> 俺(モブ)の気も知らないで憧れの先輩(ヒロイン)が恋愛相談してくる

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり

富士見ファンタジア文庫
俺(モブ)の気も知らないで憧れの先輩(ヒロイン)が恋愛相談してくる

  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2022年01月18日 10時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 301p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040743592
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

全校生徒が憧れるパーフェクトヒロイン・夏木瀬律花。
容姿端麗&成績優秀な女子生徒会長の彼女に憧れを抱くモブ後輩・有馬冬季は、
偶然にも律花の恋愛相談に乗ることになり……!?
「あたし……はじめてなんだ。男の子、家にあげるの」「!?」
作戦会議のために律花の部屋で話し込んだり、
練習としてふたりでデートをしたり――
憧れの先輩に振り回されるふたりきりの時間に、
冬季の冴えない日常はドキドキの連続へと一変。
『俺の気持ちは“憧れ”であって“恋心”じゃない……はず』
――その一方、律花も自身の感情の正体に気付き始めて……?
思春期の中で刻一刻と揺れ動く、ふたりの《想い》の物語。

内容説明

全校生徒が憧れるパーフェクトヒロイン・夏木瀬律花。容姿端麗&成績優秀な女子生徒会長の彼女に憧れを抱くモブ後輩・有馬冬季は、偶然にも律花の恋愛相談に乗ることになり…!?「あたし…はじめてなんだ。男の子、家にあげるの」「!?」作戦会議のために律花の部屋で話し込んだり、練習としてふたりでデートをしたり―憧れの先輩に振り回されるふたりきりの時間に、冬季の冴えない日常はドキドキの連続へと一変。『俺の気持ちは“憧れ”であって“恋心”じゃない…はず』―その一方、律花も自身の感情の正体に気付き始めて…?思春期の中で刻一刻と揺れ動く、ふたりの“想い”の物語。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

34
全校生徒が憧れる容姿端麗で成績優秀な女子生徒会長の夏木瀬律花。そんな彼女に憧れを抱くモブ後輩・有馬冬季が偶然にも律花の恋愛相談に乗ることになる青春ラブコメディ。偶然バイト先で律花が慕う先輩の存在を知ってしまい、相談相手となる冬季。律花の部屋で作戦会議したり、二人でデートの練習をしたりと、複雑な思いを抱えながらサポートしてゆくうちに彼女の意外な一面を知ってゆく冬季。一方で律花も助けてくれた冬季を意識するようになっていく理由もあって、そんな二人の関係がこれからどうなるのか、また続きを読んでみたいと思いました。2021/12/19

芳樹

33
主人公の有馬冬季が憧れている才色兼備の先輩、夏木瀬律花にも憧れている男子の先輩がいる。そんな二人の揺れ動く想いを描いた物語。何とも良いラブコメでした。まず、律花の位置づけが秀逸。主人公にとっては凜々しい「先輩」であり、一方、彼女の憧れの君にとっては乙女っぽさをみせる「後輩」である。このようにヒロインに二面性があり、一つの作品でヒロインの様々な表情を見ることができるのが素晴らしい。憧れは憧れのままなのか、それとも恋に変わるのか。そんな感情の機微に触れられる素敵な作品でした。続きが気になります。2022/01/04

わたー

25
★★★★☆生徒会長を務める美人の先輩が、先輩の先輩に対してはポンコツになることを目の当たりにした主人公。先輩の先輩に成長した姿を見せるために、主人公が彼女のアシストをするというラブコメ。題材は面白いのだが、明るめの筆致と主人公が全く恋愛対象として見られていないこととのギャップがジワジワと毒のように効いてくる。主人公が結構、献身的にサポートしているのにこの仕打ち。ポンコツヒロインは好きな部類なのだが、そのベクトルが別の男性に向いているのがこんなにもツラいとは思わなかった。なまじヒロインが魅力的なだけに尚更。2022/01/07

オセロ

23
有馬冬季の憧れの生徒会長の夏木瀬律花。そんな律花の好きな人の恋愛相談に乗っていくうちに冬季が律花の知らない面を知っていくうちに惹かれていくベタな展開でしたが、生徒会のメンバーや律花が好きな澤野先輩も皆良い人達でストレスフリーで読めるのが良いですね。また、普段完璧に見える律花が澤野先輩の前だとポンコツになるのが大変可愛らしく、続刊が楽しみです。2021/12/19

真白優樹

14
才色兼備な生徒会長の少女に憧れる平凡な少年が、少女から恋愛相談を受け始まる物語。―――揺れ惑い、その思いは誰を向く。 自分の気持ちを押し殺しながら恋愛相談に振り回される少年と、相談をしている内に自身の中に芽生えた心に振り回される少女が織りなす物語であり、思春期特有の揺れ惑う青臭い感情が、等身大の輝きとと共に描かれる、甘酸っぱさが見所である物語である。今気づいた思いと、今芽生えた思い。恋愛模様が混迷を始めていく中、二人の関係は何処へ向かうのか。その思いは叶う時は来るのか。 次巻も須らく期待であるべし。2021/12/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18993060

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。