ドラゴンノベルス<br> 極振り拒否して手探りスタート!特化しないヒーラー、仲間と別れて旅に出る〈1〉

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり

ドラゴンノベルス
極振り拒否して手探りスタート!特化しないヒーラー、仲間と別れて旅に出る〈1〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月15日 03時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 336p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784040730776
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

気がつくとMMORPG仲間達と白い空間にいた僕。そこには神がいて異世界行きを皆に言い渡してきた。しかもリミットまでに転生後のステータスを振り分けろと言う。仲間との連携を考えてゲームと同じヒーラーを目指しつつも、安全を考えてバランスの良い万能型構成にした僕だったが――。回復能力に特化しないヒーラーの異世界のんびり旅はじまります。

内容説明

気がつくとMMORPG仲間達と白い空間にいた僕。そこには神がいて異世界行きを皆に言い渡してきた。しかもリミットまでに転移後のステータスを振り分けろと言う。仲間との連携を考えてゲームと同じヒーラーを目指しつつも、安全を考えてバランスの良い万能型構成にした僕だったが―。回復能力に特化しないヒーラーの異世界のんびり旅はじまります。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こも 零細企業営業

20
突然ゲーム仲間達と別世界に転生する事になる。それに全く疑問に思わずキャラクターメイキングしていく仲間達。それに主人公も同調して行ったが、ふと疑問に思ったら突然色々と見えて来た。そして、彼はゲーム仲間と一緒に行けないと言って別の場所に行く事を決めて手探りの冒険をして行く。最初はソロで一対一でスライムとゴブリンを狩り。偶然に治癒した人達とパーティーを組んで次の街へ行き。そこでモンスターのスタンピードに巻き込まれる。そして、仲間と自身の見てる未来が違うと判り1人で別の街へ行く。他のゲーム仲間は勇者として召喚され2022/04/04

しまふくろう

18
表紙が可愛くて購入。挿絵も良かった。 物語は突然ゲーム仲間達と異世界に飛ばされてしまった話。状況に違和感を感じてソロに切り替える主人公がちょっと変わっていて面白い。まだ序盤の始めといった雰囲気なので、このあとどうなるのか、黒幕や真相は明かされるのか、続きが楽しみ。2020/07/15

にゃんころ

8
祝ドラゴンノベルス創刊。こちらも転生モノですが、なぜ転生する事になったのか明確な説明も無いまま無理矢理転生させられる感じ。しかも精神汚染とか不穏な単語も登場するし怪しさ満点。主人公ルークがうんちく野郎っぽい語り口でちょっとくどい感じではありますが、向上心高めなのが全体的に良い雰囲気をもたらしてると思います。転生時に別れた面々が何らかの意図で召集された感があり、主人公側とは別の意味で気になります。1巻は完全に序章っぽいので次巻が楽しみです。2019/02/24

ちゃか

4
WEB既読。気がついたら純白の世界に居た主人公。 そこで謎の存在から「お前らはこれからテスラに行くから、指名あるものはそれを果たせ」と、説明にもなってない説明を受けて放置されて。 ゲーム風のキャラメイクができる状況で、ゲーマー仲間もいてそのまま流されていく寸前、異常に気が付き独自路線を進むことになったヒーラーの物語です。他の冒険者とパーティーを組んで活動していく中で、微妙なズレを感じていた彼が、目的を定めるのが1巻のエピソードだった、って感じですね。2022/08/06

3
最初こそステータスの説明もあるものの、その後は地に足のついたファンタジーが展開される。 運命付けられた転生を拒否した、ようなストーリーのためスローライフかと思えばそんなこともなくちゃんとファンタジーしてる。 惜しむらくはタイトルでしょうか。物語のあらすじとしては事実その通りで間違ってないんだけど、本質は違う所にあるような。2019/08/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13483595

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。