富士見L文庫<br> 春華とりかえ抄―榮国物語

個数:
電子版価格
¥682
  • 電書あり

富士見L文庫
春華とりかえ抄―榮国物語

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月30日 05時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040724478
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

才ある姉は文官に、美しい弟は女官に――? 中華とりかえ物語、開幕!貧乏官僚の家に生まれた春蘭と春雷。姉の春蘭はあまりに賢く、弟の春雷はあまりに美しく育ったため、性別を間違えられることもしばしば。「姉は絶世の美女、弟は利発な有望株」という誤った噂は皇帝の耳にも届き!?

一石月下[イチイシゲッカ]
著・文・その他

ノクシ[ノクシ]
イラスト

内容説明

榮国地方の貧乏官僚の家に生まれた双子の春蘭と春雷。姉の春蘭は金勘定にシビアなしっかり者に育ち、気弱な弟の春雷は刺繍を得意とする立派な淑女に育っていた。そんな二人なので、性別を間違えられることもしばしば。「姉は絶世の美女、弟は利発な有望株」という誤った噂は皇帝の耳にも届き、春蘭の後宮入りが決まってしまう。そして春雷も科挙を受けろと独り立ちを勧められ…。追い詰められた二人は、人生を入れ替わることを決意して!?賢い姉と美しい弟による、国を巻き込む男女とりかえ中華譚!

著者等紹介

一石月下[イチイシゲッカ]
第26回冬期ファンタジア大賞にて銀賞を受賞。『女装王子の深遠にして優雅なたくらみ』(富士見L文庫)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

坂城 弥生

36
これから双子の秘密を知る人も出てくるのかな?2023/03/06

よっち

27
榮の貧乏官僚の家に生まれた双子、金勘定にシビアな姉・春蘭と刺繍を得意とする立派な淑女に育った弟の春雷。誤った噂は皇帝の耳にも届き春蘭の後宮入りと春雷も科挙受験が決まり、追い詰められた二人が入れ替わることを決意する中華ファンタジー。双子を利用しようとする野心家・天海宝が出世を目論む理由。妃嬪を避けるため双子が近づいた公主が知ってしまった陰謀。春蘭と口が悪い海宝の毎度いがみ合う関係からの変化や、そんな彼の意外な一面と窮地に双子たちも協力しての大逆転劇はなかなか面白かったです。今後どうなってゆくのか続巻に期待。2017/12/07

徳浄さん

20
姉弟の双子っていえば入れ替わりよねw。もうちょっと弟の春雷の宮中での活躍っていうか技能(笑)っていうのがあったらよかったのに・・・春蘭ばかりの活躍にものたりなさがつのった。いろいろあって面白かったけどねw。続きがあってもいいな。2017/11/09

ひぬ

18
榮国地方の貧乏官僚の双子・春蘭と春雷の入れ替わり物語。姉の春蘭はしっかり者で賢く、弟の春雷は美しく、淑女としての能力もあり、まさに性別を間違えて生まれてしまったかのような二人は、春蘭の後宮入りという命令を受け、人生を入れ替わる事を決意します。こういう入れ替わりの設定、好きです。海宝は相方としてはあまり見ないタイプで新鮮でした。全体的にちょっと文面がうるさいのが気になりましたが、そこはギャグとして考えれば良いかな…2021/10/08

ゆうら

10
春蘭と海宝、どちらも強烈なキャラで面白い。宴のあとの司令の慌てぶりがなんとも。入れ替わってバレないというのは、お約束という感じで。2019/05/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12225916
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。