富士見ファンタジア文庫<br> フルメタル・パニック!アナザー〈7〉

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

富士見ファンタジア文庫
フルメタル・パニック!アナザー〈7〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月27日 12時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 261p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040700038
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

戦場で初めて経験した死の感触を未だ振り切れずにいる達哉。そんな中、手痛いダメージを受けた新生D.O.M.S.には新型〈レイヴン〉が投入された。囚われの菊乃は次なる戦いを呼び寄せてしまうのか、それとも―

内容説明

カルパチアの戦闘で旭を撃ち、その引き金の重さに苦悩する達哉。アデリーナやクララ、ユースフたちD.O.M.S.の仲間も、今はそんな彼を見守ることしかできない。そして最愛の弟を失った菊乃もまた、孤独の中で自身の弱さや脆さと向き合っていた。だがそんな少年たちをよそに、世界は危険な方向へと動き始めていた。中央アジアの紛争で投入された無人AS“ケントゥリア”の存在は、米ロ両大国の均衡すら揺るがそうとする。激動への予兆の中、D.O.M.S.が得た新たな力とは?不撓不屈のSFミリタリーアクション、一意専心!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

トルコネ

23
やはり『レイヴン戦隊』!!概ね予想通りの展開ではあるのに、その斜め上をゆく盛り上がりかたは流石としか言いようがない。かつてロボットものでこれほど説得力のある電子戦用機動兵器があっただろうか?重装甲やバリア等に頼らない防衛用の機体があっただろうか?また、戦闘のみならず各キャラに見せ場があり、記号的ではない魅力を放つ人物描写は絶対的にラノベの域を凌駕してます。しっかし、達哉の戦闘力、恐ろしいスピードで向上してますね。…まさか必殺技まで出してくるとは!帯で無印のスパロボ参戦は発表してますが、今作も期待大やな!!2014/01/18

シュエパイ

18
初めて殺した相手の姉を捕虜に、次の行く先を探す少年と会社の面々。新しい翼と、新しい居場所をそれぞれに手に入れて、ようやく戦いの準備が整った、ってところなのかな?あぁ、ちびっこぐみの友情模様も、何だか楽しかったのです。少年を見つめる二人の少女のまなざしに、どうころんでいくのかがたのしみです。2014/04/18

まるぼろ

17
前巻にて初体験・・・人を殺してしまった達哉と菊乃ですが、そんな事情とは関係なく世界を取り巻く情勢は思った以上に大事になっていき・・・という内容。しかしまぁ国家が企業に身売りすると言うのもビックリな内容ですが、やはりそれは独立とは言わない様な・・・w そして新しい2機・・・いや3機のレイヴンが新しくお目見え。菊乃も色々あった挙句、新生D.O.M.Sの仲間入りに。しかしメカデザインが海老川さんなので当たり前と言えば当たり前なのですがますますレイヴンシリーズが00チックになってきたなぁ、とw 次巻にも期待! 2014/02/11

シンヤ

17
まあまあ。順当な展開でストーリー進行かな、やや進捗遅めですがようやく立ち上がったという感じかな。菊乃参入は定石ながら手堅いストーリー展開かなと、ヒロイン力も高くていい感じです、ヒロインバランスがどうくるか楽しみなところかな。逆に達哉の成長はいいが葛藤の描写はもう少し深くてもよかったかなと。人間関係の描写はまあまあ良好な感じではあるが大雑把な感じかな。そして折角の3号機・4号機の登場が微妙な感じで使い方がもったいないなあと、折角ディティールがあるのに、ストーリーであまり活きてこないのが惜しいところですね。2014/02/09

しぇん

10
菊乃さんがヒロインすぎます。リーナも頑張っているけど、すっかり食われてるような。 前巻で一線を超えてしまった主人公の葛藤から始まりましたが、思ったよりはあっさり克服したのかな?と。後に影響出てきそうですが。戦闘面では相変わらず天才ですね。もうミハイロフを超えるとはどこまで強くなるのか楽しみです。次は戦局も大きく動きそうなので楽しみです。2014/01/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7861706

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。