MF文庫J<br> 八十八を三に割る―妹達のためならば天下も獲れる、かもしれない。

個数:
電子版価格 ¥638
  • 電書あり

MF文庫J
八十八を三に割る―妹達のためならば天下も獲れる、かもしれない。

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 296p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040697413
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

88人の妹。救えるのは「兄」だけ! 一騎当千の美少女ファンタジー戦記!八十八の種族が共生する世界――人々は<闇堕ち>勢とそれに対抗する<獅子同盟>による大戦争に巻き込まれていた。聖獣ストームライオンに育てられた野生児フェリクスの住む大平原にも<闇堕ち>勢が侵攻。そして、今にも尽きようとしていた少年の命は、銀髪の美女メリアディス率いる謎の一団によって救われる。なんとフェリクスは女神リルアリアの子であり、メリアディスが彼を新たなる法王に迎え入れたいと宣言。未曾有の危機にある八十八の姫巫女=“妹たち”全員を救う切り札となり得る存在――それが“兄”であるフェリクス。後世に英雄譚として語り継がれる、神聖なる野生児の天下統一伝説が幕を開ける。一騎当千の剣と魔法の美少女ファンタジー戦記!

友野 詳[トモノ ショウ]
著・文・その他

おりょう[オリョウ]
イラスト

内容説明

八十八の種族が共生する世界―人々は“闇堕ち勢”とそれに対抗する“獅子同盟”による大戦争に巻き込まれていた。聖獣ストームライオンに育てられた野生児フェリクスの住む大平原にも“闇堕ち勢”が侵攻。そして、今にも尽きようとしていた少年の命は、銀髪の美女メリアディス率いる謎の一団によって救われる。なんとフェリクスは女神リルアリアの子であり、メリアディスが彼を新たなる法王に迎えたいと宣言。未曾有の危機にある八十八種族の姫巫女=“妹たち”全員を救う切り札となり得る存在―それが“兄”であるフェリクス。後世に英雄譚として語り継がれる、神聖なる野生児の天下統一伝説が幕を開ける。一騎当千の剣と魔法の美少女ファンタジー戦記!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

リク

4
最初これどういう意味のタイトルなんだ?と思ってたけど、納得。<闇堕ち勢>、<獅子同盟>を越える第三勢力として八十八の種族を統べる王となる少年の物語。異種族、八十八の妹と趣味全開のキャラ設定だけど、嫌いじゃない属性なのでよかった。コニー可愛い。ただストーリーはスロースタートだったので、序盤は世界観の説明に留まっていて、その煽りを受けてか後半のバトルがあっさりしてたのが惜しい。八十八の選定は終わってるとのことだけど、全員集まったら半分くらい埋もれないだろうか…。2018/03/08

真白優樹

3
88を3で割ると29あまり1、一見すると何の事だと言いたくなる題名のこの物語。可愛い異種族の妹達、そんな彼女達を守る為に暴れ回る野性的な兄。今巻は一巻という事もあり説明が多めな内容となっているが、問答無用といった感のある熱さを秘めた戦い等、面白さの原石とも呼べるものが幾つも埋もれているのは確かな為、次巻からの本格的な疾走に期待したい。それが個人的な心境である。始まったばかりの第三勢力、この先どうなるか。是非とも88の妹全てが出るまで描いてほしいものである。この戦いの行方はどこへ。 次巻も須らく期待である。2018/02/27

むさ

0
設定や展開は面白いんだけど、良いとこでいまいち盛り上がりきれない。なんだろう、あっさりしすぎてるのか締めがナレーションチックだからなのか… 次巻はまだ期待込みで読みたいところ2018/03/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12610985

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。