MF文庫J<br> 君死にたもう流星群〈5〉

個数:
電子版価格 ¥726
  • 電書あり

MF文庫J
君死にたもう流星群〈5〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月04日 15時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 360p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040641942
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

人工衛星テロ『大流星群』で命を落とした天野河星乃。平野大地は彼女を救うため、高校時代にタイムリープを果たす。そこで彼は多くの友人たちの『夢』を手助けするが、一方で自分自身に夢がないことに劣等感を抱くようになっていく。星乃が宇宙飛行士という夢に着々と近づく中、大地はそれを素直に喜べない。そんな中、謎の後輩『犂紫苑』が現れて、「私がガニメデですよ」と正体を明かし……。黒幕『ガニメデ』との対決、失踪するイオ、ダークウェブ潜入、ブラックマーケット・オークション、不死身の地球外生命体、腕に出現する謎の文字、過去からの恐るべき逆襲――。『夢』と『宇宙』の感動巨編、最高潮の第五弾!

内容説明

人工衛星テロ『大流星群』で命を落とした天野河星乃。平野大地は彼女を救うため、高校時代にタイムリープを果たす。そこで彼は多くの友人たちの『夢』を手助けするが、一方で自分自身に夢がないことに劣等感を抱くようになっていく。星乃が宇宙飛行士という夢に着々と近づく中、大地はそれを素直に喜べない。そんな中、謎の後輩『犂紫苑』が現れて、「私がガニメデですよ」と正体を明かし…。黒幕『ガニメデ』との対決、失踪するイオ、ダークウェブ潜入、ブラックマーケット・オークション、不死身の地球外生命体、腕に出現する謎の文字、過去からの恐るべき逆襲―。『夢』と『宇宙』の感動巨編、最高潮の第五弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

40
高校時代にタイムリープを果たし、多くの友人たちの『夢』を手助けしたがゆえに、自分自身に夢がないことに劣等感を抱くようになっていく大地。謎の後輩『犂紫苑』が現れて意外な正体を明かす第五弾。星乃が宇宙飛行士という夢に着々と近づく中、それを素直に喜べない大地に起きた異変。タイムリープの背景が明らかになってゆく中で、目をそらしていた根本的な問題が顕在化する絶望的な展開で、それでもこれまでの積み重ねがあったからこそ挽回の機会もあって、だいぶ変わってきた大地の姿にはぐっと来るものがありましたけど、最後の展開は...。2019/12/24

ゆなほし

31
シリーズ5作目。これまで、大地と星乃は人工衛星テロ「大流星群」を引き起こした犯人側組織と戦ってきたが、今巻は大地が自分自身と戦うような、少し既刊と違った雰囲気を見せる。もちろん物語の主要な軸はブレず着実に進んでいるが、大地の成長・変化に重きを置いている展開に、やはりこのシリーズ1番の軸である「夢」を追う大切さを教えられた。あれ程コスパ重視だった大地が、夢を追う人を応援し、自身もまた夢を追う姿はとても感慨深い。そうかと思えばラストの引きは強烈で、この先どうなるのかが気になって仕方ない!2021/03/06

まるぼろ

30
さて今巻は大地が「大地」と向き合うお話。伊万里の留学が近付く中、クラスで将来の夢を書いてタイムカプセルに埋めると言う話になるが…と言うお話です。今巻もとても良かったです。一周目の大地が出てきた時にはどうなる事かと思いましたが、それも半年の間に大地がしてきた事が無駄では無かった事の証明にもなったし、何より大地…両方の大地自身が「ちょっぴり」ずつながらも夢に向き合える様になったのが大きな一歩だったなと思いました。伊万里に関しては半分巻き込まれた形での…だっただけに可哀想な所もありましたが。→2019/12/28

わたー

28
★★★★★ようやく、ようやく星乃とも良好な関係を築き始めた矢先に、夢を嘲笑い、人生をコスパ重視と曰う1周目の自分が立ち塞がる。やはり今回も読者と主人公の胃に優しくない展開が続き、読んでいてキツかったが、それでも細い糸を手繰り寄せて未来への道筋を掴んだのは良かった。まだまだ全く予断を許さない状況だが、星乃と共にある未来は訪れるのだろうか。楽しみ。2020/01/16

ゆれい

24
うん、面白かった。正直期待値は高くなかったけど、かなり物語に没入できた実感がある。作者さんが読者に何を伝えたいのかが、痛いほど伝わった。特に伊万里の人生観は本当に美しいと思ったし、2巻から積み上げてきたものが今巻で爆発したと感じた。ただ、主人公の成長物語としてはかなり評価したいが、本筋である大流星群関連の展開には、謎が多すぎて未だによくわからないという印象なのが残念。しかしこの先、かなりの熱い展開が予想されるため、これは最後までついていくしかない。8.92021/03/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14808623

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。