わたしのノンフィクション<br> 愛の点字図書館長―全盲をのりこえて日本点字図書館を作った本間一夫

個数:

わたしのノンフィクション
愛の点字図書館長―全盲をのりこえて日本点字図書館を作った本間一夫

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A5判/ページ数 182p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784036345908
  • NDC分類 K916

内容説明

五歳の冬、突然失明した一夫は、十三歳になって函館盲唖院(現在の北海道函館盲学校)に入学した。そこではじめて出あった「点字」が、一夫の運命を大きく変えていく。日本点字図書館の創設者として、視覚障害者のためにかぎりない力をつくした本間一夫の半生を克明にたどる。

目次

1 カモメの町で生まれた子
2 つらい運命とのたたかい
3 点字との出会い
4 〈盲人図書館〉の誕生
5 あたらしい時代の波

出版社内容情報

5歳で失明、13歳で初めて点字の存在を知った本間一夫が、盲人の自立のために日本点字図書館を創設するまでの感動の記録。   小学校中学年から