伝えていきたいわが家の保存食レシピ

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

伝えていきたいわが家の保存食レシピ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B5判/ページ数 143p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784023332065
  • NDC分類 596
  • Cコード C2077

内容説明

ジャム、シロップ、梅干し、漬け物、ペースト、ソース、たれ、みそ、キムチ…83レシピ+食べ方アイデア23レシピ。

目次

4月(いちごジャム;いちごシロップ ほか)
5月(オイルサーディン;あじの干物 ほか)
6月(新しょうがの甘酢漬け・みそ漬け;梅干し ほか)
7月(杏ジャム;桃のコンポート ほか)
8月(トマトピューレ・トマトケチャップ;ドライトマト ほか)
9月(ぶどうジュース・ぶどうジャム;栗の渋皮煮 ほか)
10月(いくらのしょうゆ漬け)
11月(干し柿;りんごの甘煮 ほか)
12月(オイルツナ;レモンチェッロ・レモンカード ほか)
1月(みそ;みそQ&A ほか)〔ほか〕

著者等紹介

石原洋子[イシハラヒロコ]
食教育の自由学園に学ぶ。卒業後は、家庭料理、中国料理、フランス料理など各分野の第一人者に学び、料理家のアシスタントを務めたのちに独立。東京の武蔵野にある自宅で主宰する料理教室は40年以上続く。テレビや雑誌などで活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

【芸術生活/家事】自家製ブームのいま、家庭で手づくりするジャムやアンチョビ、梅酒や実山椒、佃煮など、春夏秋冬の保存食を紹介。味噌やぬか漬け、キムチなど人気の発酵食品もきちんと収録。 初心者でも失敗しない、自家製保存食づくりの決定版。

石原洋子[イシハラヨウコ]
監修