クリトモのさかな道―築地が教えてくれた魚の楽しみ方

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784023331099
  • NDC分類 596.3
  • Cコード C2077

出版社内容情報

【芸術生活/家事】料理家・栗原友さんによる、おいしい魚の選び方や食べ方についてのエッセイ。そのほか築地での修業の様子、日々のごはんの記録とレシピ、結婚・出産などもつづられる。朝日新聞デジタル「&」で人気の連載に大幅加筆した読み応えある一冊。

栗原 友[クリハラ トモ]

内容説明

おいしくてためになる、築地仕込みの魚情報&調理アイデア満載。

目次

修業の始まり。お魚初心者だった 2013.1~12(1月21日 冷凍マグロを、ひと工夫でもっとおいしく;2月5日 市場でも珍しい生の銀ダラ ほか)
まだまだ初めましての魚がいっぱい 2014.1~12(1月9日 番外編魚を追いかけた先に、夫も;1月14日 白身好きには、ほうぼう ほか)
娘も魚好きになってもらいたい! 2015.1~12(1月13日 甘鯛のうろこをパリッと花のように;1月27日 春を感じさせる魚たち ほか)
今度は魚の伝道師として 2016.1~(1月5日 わたしの年末年始;1月19日 極上の太刀魚、どこから?きちんと知って食べる幸せ ほか)

著者等紹介

栗原友[クリハラトモ]
料理家としての活動の傍ら、2012年から築地「斉藤水産」に勤務。近年は、魚料理の啓蒙や魚を用いた食育に力を入れている。魚さばきの料理教室も好評(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ホッパー

62
たくさんの魚の食べ方を知ることができる本。読めば色んな魚が食べたくなるし、調理できるようになりたいとも思える。2021/09/12

りょう

4
魚、知ってる方だとおもっていたら、知らないことばっかりー!2017/04/29

あらたま

2
父から借りた。栗原はるみの娘のエッセイ。築地で魚を扱い、料理に雑学に所々へぇがあったものの、表紙が残念だ。2017/02/04

ごまぷりん

1
料理が苦手な私からすれば、魚市場でまかないをパパッと作ったり、魚をさばいたり出来るクリトモさんがカッコいい❗確かにクリトモさん、ちょっとバービーさんに似てますね。2020/04/21

きりん

1
築地で働いておられることは知っていたけれどその理由が「魚がさばけず旬もよく分からない」からだったなんて!料理研究家という肩書がありながらのこのどストレートな理由、逆に好感度アップ!(笑)週刊連載をまとめたものなので旬の魚がバッチリ登場。おすすめの調理法やレシピも記載、自宅飲みも多いようでつまみやおもてなし料理もたくさんゆえ、エッセイとしてはもちろんレシピ本としても活躍しそう。ただ、築地勤務の人とはやはり手に取る魚やそのランクに大きな溝があるなあ……とも当然ながら感じたり。庶民には無理よそれ~!も多数です。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11188908

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。