海を感じなさい。―次の世代を生きる君たちへ

電子版価格 ¥847
  • 電書あり

海を感じなさい。―次の世代を生きる君たちへ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 141p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784023311022
  • NDC分類 159.7
  • Cコード C0095

出版社内容情報

昨年の震災後、学校HPに載せた卒業生へのメッセージが話題になり、一躍著名になった立教新座高校校長が、若者に向けて「○○しなさい」の強い言葉で綴るメッセージ集。写真を絡めて、写真の上に言葉を載せるなど、若い世代にも読みやすい。テーマは「海を感じよ。行動せよ」「孤独とは何か」「理想とは何か」「正義とは」「友情とは」「恋」など。文体は違うが、現代版『君たちはどう生きるか』を目指す。

内容説明

生きるとは何か、孤独にどう向き合うのか。夢と理想をいかにもち続けるか。そして、正義とは、友情とは、恋とは…?若き日に誰もが向き合うテーマを語りおろした、胸に残る言葉。君たちはどう悩み、どう生きるべきか。全国の人々を感動の渦に巻き込んだ名物校長が、これからの時代を生きる人たちに贈る10編の「魂のメッセージ」。

目次

1章 めざめる人たちへ(海を感じなさい。;森で耳をすませなさい。;長く続く道を信じなさい。;石ころを手に取りなさい。;雲を眺めてみなさい。;山の頂きを思い浮べなさい。桜の木に聴いてみなさい。冷たい風に頬をさらしなさい。空に身をゆだねなさい。;星の瞬きに胸をときめかせなさい)
2章 ひたむきであれ(困難のなかにいてこそ、孤独を守ることの意味;思いを込めた言葉は、必ず心の奥深くに届く;一所懸命さを馬鹿にする風潮への反発;愚直な「ひたむきさ」が新たな気づきを与える;思考はつねに「粋」でなくてはならない;「不安」を解消するために、学び続けなさい;何十年先を見据えた理想を持つ;せっかちな未来志向に走ってはいけない)

著者等紹介

渡辺憲司[ワタナベケンジ]
1944年北海道函館市生まれ。立教大学大学院博士課程修了。横浜市立横浜商業高等学校定時制教諭、私立武蔵中学校高等学校教諭、梅光女学院大学短期大学部・文学部助教授、立教大学文学部教授等を経て、2010年8月より立教新座中学校・高等学校校長に就任。翌年3月の東日本大震災で高校の卒業式を中止するに及んで、同校ホームページで発信した卒業生向けのメッセージが大きな反響を呼ぶ。専門は日本近世文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。