有斐閣ブックス<br> ファイナンス論―入門から応用まで

個数:

有斐閣ブックス
ファイナンス論―入門から応用まで

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月20日 18時02分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 416p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784641183834
  • NDC分類 338.01
  • Cコード C1333

内容説明

数式を最小限におさえ、基本的な考え方や投資に関する基礎理論を、実際のエピソードにも関わらせながらじっくり学べる本格的テキスト。さらに、最先端の理論のエッセンスまで平易に解説。

目次

第1部 現代ファイナンスの関心と基礎(リスクと金融システム―リスクシェアリングのためのシステム;リスクとマネジメント;金融システムの機能と歴史;現代ファイナンス理論の歩み;確実性下での基礎理論)
第2部 インベストメント(1)(リスクと投資家の選好;最適なポートフォリオの選択;市場の均衡価格―CAPM;パフォーマンス評価と効率性;マルチファクターモデルからAPTへ)
第3部 インベストメント(2)(デリバティブ;オプション;債券の利回りとリスク)
第4部 コーポレートファイナンス(資本構成と資本コスト―MM理論;最適資本構成の存在―MM理論の拡張;株主への利益還元;金融仲介の機能;企業のコントロールとガバナンス)
第5部 新しいファイナンス理論(マーケットマイクロストラクチャー;行動ファイナンス;リアルオプション)

著者等紹介

大村敬一[オオムラケイイチ]
1949年4月6日横浜生まれ。早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授。1972年慶應義塾大学商学部卒業。その後、同経済学研究科博士課程単位修了。経済学博士。法政大学経済学部教授、早稲田大学商学部教授、内閣府(経済財政)官房審議官を経て現職。この間、マサチューセッツ工科大学、ミシガン大学、ニューヨーク大学の客員研究員。証券アナリスト試験委員、同カリキュラム委員長、大蔵省財務総合政策研究所特別研究官(旧財政金融研究所)、大蔵省財政金融研究所特別研究官、公認会計士試験委員、早稲田大学大学院ファイナンス研究科長、日本ファイナンス学会会長、日本リアルオプション学会会長などを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。