朝日新書<br> 日本の官能小説―性表現はどう深化したか

電子版価格 ¥660
  • 電書あり

朝日新書
日本の官能小説―性表現はどう深化したか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 243,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022736093
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0295

出版社内容情報

【文学/日本文学評論随筆その他】日本の官能小説に焦点を当て、戦後の表現のなかで官能・エロスがどう描かれてきたかを歴史的・具体的に見ていく。エロスをめぐる官憲とのせめぎ合い、そのなかで時代風潮を背景にエロス表現がいかにして深化していったかなど「性」から見た戦後史!

内容説明

戦後70年を彩った官能作品の潮流。大きく解放された「性の世界!」ギラギラの戦後発展史を検証。官能小説研究の第一人者による肉棒文化の集大成。

目次

第1章 焼け跡のエロス
第2章 官能の目覚め
第3章 タブー視をふりはらう性描写
第4章 女性官能作家の登場
第5章 ソ連崩壊しても官能は深化
第6章 通信新時代―21世紀の官能

著者等紹介

永田守弘[ナガタモリヒロ]
1933年東京都生まれ。東京外国語大学中退、『ポパイ』シリーズの翻訳などがある。官能小説を長年にわたり年間300篇あまり読みこなす評論家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

のぎま

17
【評論】 2015年刊 評価5 感想:戦後の官能小説の歴史と分析、と同時に社会風俗の歴史。自分の記憶違いもいくつか発見。できればもう少し厚く(熱く)書いてほしかった。2016/03/28

クサバナリスト

12
官能小説を当時の風俗・文化・流行歌と共に振り返る面白い作品だ。図書館で借りたのだが、官能小説そのものは図書館に置くことはないのだろうが、本書のような図書は置いてくれるんだなと、この本を買ってくれた図書館に感心した。2015/06/20

ワッピー

6
米軍占領下の焼け跡時代から現代にいたる官能小説の傾向を追う労作。こうして並べられてみると確かにその当時の社会心理とも関係の深い表現というか、共感を集める妄想はあるんですねぇ。どこにフォーカスするかによって見え方もだいぶ変わってくることを実感。それぞれの時代背景の解説とともに文中に引用された各作品もさることながら、巻末年表、著者による章間「官能小説の効能」コラムも面白く読めました。2015/07/19

4
どの官能小説を読もうかな、としたときにこれを見つけてオビのアオリに惹かれて購入。読んでみたいな、という作家がみつけられたり、官能小説界の歴史が見えたり、するすると読了。もっと深く官能小説について知りたいところ。2018/08/26

kenitirokikuti

3
本書は著者による『ダカーポ』の官能小説紹介コラムの蓄積がベースなようす。官能小説が最後に摘発されたのは1978年富島健夫『初夜の海』。以後は単なる娯楽読み物になったようだ。70年代後半ごろにスポーツ紙や夕刊紙の急成長により官能小説が大衆的になった、女流の丸茂ジュンの登場、85年にフランス書院文庫やマドンナメイトなど文庫化で駅や空港で売られるように、など2015/05/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9650152

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。