朝日新書<br> 日本の官能小説―性表現はどう深化したか

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
日本の官能小説―性表現はどう深化したか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 12時07分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 243,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022736093
  • NDC分類 910.26

内容説明

戦後70年を彩った官能作品の潮流。大きく解放された「性の世界!」ギラギラの戦後発展史を検証。官能小説研究の第一人者による肉棒文化の集大成。

目次

第1章 焼け跡のエロス
第2章 官能の目覚め
第3章 タブー視をふりはらう性描写
第4章 女性官能作家の登場
第5章 ソ連崩壊しても官能は深化
第6章 通信新時代―21世紀の官能

著者紹介

永田守弘[ナガタモリヒロ]
1933年東京都生まれ。東京外国語大学中退、『ポパイ』シリーズの翻訳などがある。官能小説を長年にわたり年間300篇あまり読みこなす評論家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【文学/日本文学評論随筆その他】日本の官能小説に焦点を当て、戦後の表現のなかで官能・エロスがどう描かれてきたかを歴史的・具体的に見ていく。エロスをめぐる官憲とのせめぎ合い、そのなかで時代風潮を背景にエロス表現がいかにして深化していったかなど「性」から見た戦後史!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件