朝日新書<br> 吉田松陰―久坂玄瑞が祭り上げた「英雄」

個数:
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
吉田松陰―久坂玄瑞が祭り上げた「英雄」

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 203p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022736024
  • NDC分類 289.1

内容説明

純粋で俗人離れした異端者の松陰。義弟の立場をかさに着て松陰を徹底的に利用した政治家・玄瑞。玄瑞は、松陰のことを「尊敬はしているものの、付き合うには苦手なタイプ」と思っていた節がある。しかし、安政の大獄によって松陰が非業の死を遂げると、その死の利用価値に気づいたのもまた玄瑞だった。やがて玄瑞は、亡き松陰を尊王攘夷のシンボルとして祭り上げていく。

目次

第1章 吉田松陰の実像(俗人離れした異端者;松陰誕生 ほか)
第2章 久坂玄瑞の生い立ちと松陰との出会い(玄瑞の兄の影響;相次ぐ身内の死 ほか)
第3章 松陰の妹・文と玄瑞の結婚(豊かになった杉家;玄瑞、文と結婚 ほか)
第4章 「松陰の死」を利用する玄瑞(松陰の志を継ぐ;早くも伝記編纂始まる ほか)
第5章 尊王攘夷運動の中で神格化される松陰(松陰改葬;松陰の著作が教科書に ほか)

著者紹介

一坂太郎[イチサカタロウ]
1966年、兵庫県芦屋市生まれ。大正大学文学部史学科卒。歴史研究家。萩博物館特別学芸員、至誠館大学特任教授、防府天満宮歴史館顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【歴史地理/日本歴史】松陰は、幕末、多くの志士を育てた人物として尊敬されている。だが、実はそれは虚構の松陰像。愛弟子で義弟の久坂玄瑞が松陰の死後、尊王攘夷の旗印として松陰を利用したからだ。山口在住の著者が資料をもとに、祭り上げていく過程をつづる。