朝日新書<br> 長生きしたけりゃ、医者の言いなりになるな

電子版価格 ¥540
  • 電書あり

朝日新書
長生きしたけりゃ、医者の言いなりになるな

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 221p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022734938
  • NDC分類 498.3
  • Cコード C0247

内容説明

血圧はどこまで高くてもいいの?コレステロール値は?血糖値は?巷にあふれる「健康常識」に振り回されてはいませんか。多数の症例から統計的にその正しさが証明されている確かなエビデンス(医学的根拠)のあるデータをもとに、あなたの健康不安を解消します。

目次

第1章 「高血圧には降圧剤」なのか
第2章 「肥満が糖尿病を引き起こす」のか
第3章 「カロリーは控えめがいい」のか
第4章 「コレステロールは悪者」なのか
第5章 「砂糖は体に悪い」のか
第6章 「3人に1人ががんで亡くなる」のか
第7章 「認知症の原因は高齢化」なのか
第8章 「うつ病は抗うつ剤で治る」のか
第9章 「植物状態の人には意思はない」のか
第10章 元気な百歳になる食べ方
第11章 iPS細胞の臨床応用への不安と期待

著者紹介

高田明和[タカダアキカズ]
1935年静岡県生まれ。慶應義塾大学医学部卒、同大学院修了。ニューヨーク州立大学助教授、浜松医科大学教授を経て、同大学名誉教授。専門は生理学・血液学・脳科学。現在、京都府立医科大学客員教授として砂糖、肉、寿命、肥満等に関する国際プロジェクトを組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

 これまで広く信じられてきた「健康常識」は、本当に正しいのか? 最新の研究結果をもとに、「高血圧には降圧剤」「砂糖は健康によくない」「肥満が糖尿病を引き起こす」といった、これまでの「常識」に待ったをかけ、正しい健康知識を紹介する。