朝日新書<br> 私の「歌舞伎座」ものがたり

電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
私の「歌舞伎座」ものがたり

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 231p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022733221
  • NDC分類 774

内容説明

歌舞伎座は平成二十二年春、建替えとなって、親しまれたあの建物が東銀座から消える。五歳になった昭和十六年から歌舞伎座に通いはじめて、六代目菊五郎、初代吉右衛門はもとより戦後再建された歌舞伎座五十八年間の舞台はことごとく見てきた。そんな劇評の第一人者が、魔ものが棲むという劇場でくり広げられる祝祭と、数々の名舞台をふりかえる。

目次

魔性の棲家
改良座
劇場の顔
歌舞伎座再開場
「源氏物語」と歌右衛門襲名
吉右衛門の花道
莟会の熱狂
人間国宝の会
二人の名女形
「黄金の丘」〔ほか〕

著者紹介

渡辺保[ワタナベタモツ]
1936年、東京生まれ。本名・邦夫。慶應義塾大学経済学部卒。演劇評論家。東宝入社ののち執筆活動にはいる。淑徳大学教授、放送大学教授を歴任。著書は『女形の運命』(芸術選奨新人賞)、『四代目市川団十郎』(芸術選奨文部大臣賞)、『黙阿弥の明治維新』(読売文学賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)