• ポイントキャンペーン

朝日新書
反骨のコツ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 279p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022731692
  • NDC分類 914.6

内容説明

東大法学部長、最高裁判事を歴任し、93歳になった日本刑法の父は、反骨精神の塊だった。天皇機関説事件、二・二六事件を見届け、刑事訴訟法起草でGHQと渡り合い、最高裁判事として書いた少数意見は数知れず。憲法改正、死刑廃止論、裁判員制度批判から、昭和天皇のことども、三島由紀夫との交流まで。法学界の最重鎮が、52歳下の東大准教授と縦横に語る、ニッポンを元気にする反骨のススメ。

目次

第1章 反骨から見る日本国憲法
第2章 死刑廃止は理の当然
第3章 決定論をはね返せ
第4章 裁判員制度は根無し草
第5章 憲法九条と刑法九条
第6章 お悩み解決は團藤説で
第7章 革命のコツ・團藤陽明学
第8章 若者よ、正義の骨法を掴め!

著者紹介

團藤重光[ダンドウシゲミツ]
1913年生まれ。刑法学者、東大名誉教授、学士院会員、(社)学士会理事長。日本刑法学会理事長、最高裁判事、宮内庁参与を歴任。95年文化勲章受章

伊東乾[イトウケン]
1965年生まれ。作曲家=指揮者、東大大学院情報学環准教授。90年第1回出光音楽賞受賞、2006年『さよなら、サイレント・ネイビー』(集英社)で第4回開高健ノンフィクション賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)