• ポイントキャンペーン

朝日新書
ルノワールは無邪気に微笑む―芸術的発想のすすめ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 247p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022731074
  • NDC分類 704

内容説明

芸術とは、たとえばオフィスに一輪の花が飾られ、それを見て誰かが美しいと感じるときに生じるコミュニケーションなのです。「人生最大のピンチは?」「子どもの感性を伸ばす方法は?」さらには、「モナリザのどこが偉大なの?」時代の最先端をゆく芸術家の問答集から浮かび上がる芸術の本質とは。

目次

第1章 制作のこころ
第2章 教育のこころ
第3章 暮らしのこころ
第4章 経済のこころ
第5章 日本のこころ
第6章 芸術のこころ

著者紹介

千住博[センジュヒロシ]
日本画家。1958年、東京都生まれ。82年、東京芸術大学美術学部絵画科日本画専攻卒。87年、同大学院後期博士課程修了。京都造形芸術大学副学長。95年、ヴェネチア・ビエンナーレの絵画部門で東洋人として初めて優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

芸術とは、「美」を通した、自分と他者とのコミュニケーションである。そんな持論を持つ新鋭の日本画家が、ファンとの素朴な疑問を、明快に一刀両断。ピカソのどこが魅力的なの? いままでの絶対絶命のピンチは? 画家って、果たして儲かるの? 子どもを感性豊かな人間に育てるにはどうすればいいの? 芸術の神髄を日々の生活に生かしたい人の必読書! いま、芸術の真の姿が浮かび上がる。