朝日文庫<br> 「裏国境」突破 東南アジア一周大作戦

個数:

朝日文庫
「裏国境」突破 東南アジア一周大作戦

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月03日 14時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 332p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784022620514
  • NDC分類 292.3
  • Cコード C0195

出版社内容情報

あの国境を越えられるか。ミャンマーの陸路国境開放をきっかけに、インドシナの「マイナー国境」通過に挑む。ラオスの川くだりでは雨風にさらされ、ミャンマーの山越えではバスが横転。肋骨を折りながらも歩いた越境ストーリー。変化する国事情をコラムに収録。

内容説明

あの国境は越えられるか。ミャンマーの陸路国境の開放をきっかけに、インドシナの「マイナー国境」通過に挑む。ラオスの川くだりでは雨風に晒され、ミャンマーの山越えではバスの横転事故に遭遇。肋骨を折りながらも歩いた越境ストーリー。変化する国事情をコラムに収録。

目次

第1章 洪水酒場が出現?タイからアンコールワットへ
第2章 メコンデルタくだり
第3章 南から北へ、ベトナム縦断
第4章 雨降り止まぬラオス山中
第5章 最後の難所、ミャンマー

著者等紹介

下川裕治[シモカワユウジ]
1954年長野県生まれ。旅行作家。慶應義塾大学を卒業後、新聞社勤務を経て独立。90年、『12万円で世界を歩く』でデビュー。以後、おもにアジア、沖縄をフィールドに、バックパッカースタイルでの旅を書き続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Daisuke Yabe

2
僕も陸路国境マニアだけに、新潮文庫とさほど変わらない本書も、全然楽しく読めた。でも、そろそろ新しい旅をお願いします。辛くなくてもよいのだけどもね。2022/05/27

Shinya Fukuda

1
新潮版にコラムと朝日新聞出版版のあとがきを加えただけ。タイを起点にカンボジア、ベトナム、ラオスそしてミャンマーを一筆書きに辿っていく旅。中国の半植民地カンボジア、成長著しい活気に溢れるベトナム、静謐が支配するラオス、だが突然中国が出現しそれに戸惑う人々、民主化により国民性が変わったかのようなミャンマー。どの国も興味深い。しかし敢えて一番興味深い国を挙げるならミャンマーだろう。ミャンマー問題は少数民族問題だ。それが歴史から説明される。少数民族、国境に馴染みのない日本からすれば理解しにくいかもしれない。2022/03/01

藤井宏

1
ハノイからディエンビエンフー行きの夜行長距離バス移動中、食事休憩として食堂での食事が提供され(バス料金に含まれる)知らない人とテーブルを囲んでご飯をよそって食べる様子の写真が載っている。いかにも楽しそうで経験してみたい気もするが、ちょっと気をつかうかな。それに、バスの中の寝台もたいへんそうだし。ディエンビエンフーやラオスのルアンパバーンに行ってみたいなと思いました。2021/10/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18260955

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。