朝日文庫<br> 古代は輝いていた〈2〉日本列島の大王たち

朝日文庫
古代は輝いていた〈2〉日本列島の大王たち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 400p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784022604989
  • NDC分類 210.3
  • Cコード C0121

内容説明

大和盆地に根をおろした近畿王朝が、国内で勢力拡大につとめていたころ、遙か朝鮮半島では、九州王朝が高句麗好太王と戦っていた…。銅鐸王朝から、特異な鉄剣と鈴文明を持つ関東の大王まで、日本列島に展開した様々な王朝の活動をたどり、古墳時代の全貌を明らかにする。

目次

第1部 銅鐸の国家(記紀と銅鐸;名実をあらわした銅鐸国家)
第2部 近畿王朝の萌芽と発展(崇神の進出時代;東〓国の神話;東征と西征)
第3部 東アジアの動乱と九州王朝(西晋の滅亡と国内史料;高句麗好太王碑)
第4部 倭の五王の九州王朝(好太王の敵手;『宋書』倭国伝)
第5部 記紀世界の近畿王朝(応神から仁徳へ;古墳期の九州と近畿)
第6部 関東の大王(稲荷山鉄剣銘をめぐって;関東における統一権力)
第7部 近畿王朝の交替と記紀(顕宗記で消えた説話;雄略~顕宗記の説話;継体の即位と記紀の成立)