朝日選書
橋はなぜ落ちたのか―設計の失敗学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 221,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784022597861
  • NDC分類 515.1
  • Cコード C0350

内容説明

次に落ちる橋はどれ?落ちると知りながら作られる橋はない。設計にひそむ落とし穴を実例にまなぶ。

目次

第1章 はじめに
第2章 概念設計のミス―パコニウスとアポロン像の台座の場合
第3章 規模の限界―ウィトルウィウスの錐とガリレオの骨の場合
第4章 設計の改悪―ガリレオと大理石の円柱の場合
第5章 論理的なミス―ガリレオが確証してしまった誤った仮説
第6章 成功につながるミス―ディー橋の設計と崩壊の場合
第7章 視野狭窄―ブリタニア橋の場合
第8章 技術的判断の源泉としての失敗―規範的設計者ジョン・ローブリング
第9章 歴史の選択的利用―タコマ海峡橋設計前後
第10章 史上に残る橋の崩落と未来の設計への警告
第11章 結論

著者等紹介

ペトロスキー,ヘンリー[ペトロスキー,ヘンリー][Petroski,Henry]
1942年生まれ。1968年、イリノイ大学で博士号。同大学やテキサス大学で教えた後、1980年からデューク大学土木環境工学科教授

中島秀人[ナカジマヒデト]
1956年、東京生まれ。東京大学教養学部卒。同大学院科学史・科学基礎論博士課程修了。東京大学先端科学技術研究センター助手、ロンドン大学客員研究員を経て、95年より東京工業大学大学院社会理工学研究科助教授。学術博士。専攻・科学/技術史、STS(科学技術社会論)

綾野博之[アヤノヒロユキ]
1964年、大阪生まれ。同志社大学工学部卒。東京工業大学大学院理工学研究科修了。学術博士。専攻・科学/技術史。科学技術政策研究所特別研究員などを経て、現在、東京都立短期大学非常勤講師、『科学史研究』誌(日本科学史学会)編集委員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁冊

6
2000年5~6月にミネアポリスに行ったが、7年後、橋が崩落した。そして、9.11も翌年勃発した。死んでいたかもしれない。人間の失敗(ヒューマンエラー)は技術畑の人間には社会的責任として重圧ともなる。天井も降ってくる時代になっている。2001年刊行のため、ミネアポリスの事例検証はないので、改訂版を読みたい。過去の成功事例が新しいものの成功につながる保証はないという(41頁)。社会的信用とは時々の市民の受け止めにもかかっているのだろう。史的に橋の構造が検討され、失敗を活かして維持管理を適切にするしかないか。2013/03/31

人生ゴルディアス

3
多分原文が悪文な上、それをまんま過不足なく訳しているようで、関係代名詞や修飾語でごてごてになった長文が頻出する。二文に分けたりしてください。悪夢のような読みにくさだった。橋の巨大化や新構造による失敗の事例から、設計というものにつきまとう過信などの人間的ミスについて、かなり普遍的な警告をしてくれる。特に設計は数式的な解析は成功の確証を与えてくれるわけではなく、ただ失敗だけがダメだったことを確実に教えてくれる、だから我々は警戒を怠ってはならない…的な悲観的前進主義ともいえる結論がとても身の引き締まる思いです。2021/04/15

takao

1
ふむ2021/07/19

ymazda1

1
ほんの少し前までは、大災害が発生しても、そうなることを事前に想像すらできないのが当り前みたいな時代だったんかなって思った・・・それが、いつのまに「それぐらい想像できただろ」「人災だ」みたく科学は万能っぽいものになってしまったんだろう・・・そして、イタリアの橋の崩落じゃないけど、科学問答など無用に、すべてが老朽化していく時代になっていくんかな。。。

ponte

1
以下備忘録。 ・ことが起こった後で失敗を認識することは簡単なことだが、技術者たちには、設計の段階で失敗を予測して未然に防ぐことが求められている。 ・技術上の問題を解く場合に最も重要な仮定の一つに、ある様式の破壊がどのように起こるのかについての仮定がある。 ・ガリレオと片持ち梁のような話を、新たに解析する際に、ルネサンスの天才でさえ今日から見て初歩的で明白なミスを犯すのかに特に力点を置いて、身近に知っていれば、工学の学生や実践家たちに重要な警告を与えてくれる。2018/12/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14197

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。