君のクイズ

個数:
電子版価格 ¥1,500
  • 電書あり
  • 動画あり

君のクイズ

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年02月22日 21時18分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 192p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784022518378
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報





【紀伊國屋書店チャンネル】

面白すぎる!! 驚くべき謎を解くミステリーとしても最高だし、こんなに興奮する小説に出会ったのも久しぶり。頼まれてもいないのに「推薦コメントを書かせて!」とお願いしてしまいました。小川哲さん、ほんとすごいな。
――伊坂幸太郎氏

一度本を開いたらもう終わりだ。面白すぎてそのまま読み切ってしまった。
熱くて、ワクワクして、予想もつかない感動が襲ってくる。
ミステリーでも、バトルものでも、人生ドラマでもある。
でもそれだけじゃない。ジャンルはたぶん「面白い小説」だ。
――佐久間宣行氏

****
『ゲームの王国』『嘘と正典』『地図と拳』。一作ごとに現代小説の到達点を更新し続ける著者の才気がほとばしる、唯一無二の<クイズ小説>が誕生しました。雑誌掲載時から共同通信や図書新聞の文芸時評等に取り上げられ、またSNSでも盛り上がりを見せる、話題沸騰の一冊です!

ストーリー:生放送のTV番組『Q-1グランプリ』決勝戦に出場したクイズプレーヤーの三島玲央は、対戦相手・本庄絆が、まだ一文字も問題が読まれぬうちに回答し正解し、優勝を果たすという不可解な事態をいぶかしむ。いったい彼はなぜ、正答できたのか? 真相を解明しようと彼について調べ、決勝戦を1問ずつ振り返る三島はやがて、自らの記憶も掘り起こしていくことになり――。
読めば、クイズプレーヤーの思考と世界がまるごと体験できる。人生のある瞬間が鮮やかによみがえる。そして読後、あなたの「知る」は更新される! 
「不可能犯罪」を解く一気読み必至の卓抜したミステリーにして、エモーショナルなのに知的興奮に満ちた超エンターテインメント!

内容説明

クイズ大会決勝戦。“僕”の対戦相手はなぜ「ゼロ文字正答」できたのか。興奮のクイズ・エンターテインメント。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

1145
クイズをモティーフにして小説1冊を書き上げるのは、なかなかの荒業。緊張感が最初から最後まで途絶えることがない。それは、クイズというものが本来的に持っている力であったともいえる。もっとも、さすがに三島玲央というクイズの練達者とショウマンシップに溢れた本庄絆の二人の対立項を軸にする構成が必要だった。クイズ番組はもう何年も見ないのだが、いつの間にかこんな域にまで達していたのかと驚く。語り手でもある三島の分析は、ほぼ今のクイズの実態を反映しているものと思われる。そして、同時にクイズがTV番組になるためには⇒2023/09/26

Kanonlicht

956
生放送のクイズ番組の決勝戦最終問題、対戦相手はどうして問題を1文字も聞くことなく正解できたのか。常識的に考えて不可能と思われる事象に対し、少しずつ論理を積み重ね真実を追及していく過程が秀逸。クイズの回答から人生を振り返るというと、どうしても映画『スラムドッグ$ミリオネア』を思い出してしまうけれど、構成はよりシンプルにし、クイズプレイヤーのメンタリティを丁寧に描いたことで、物語としてきれいに完成されていると思った。なによりこの著者、SF以外もいけるじゃないかというのがうれしい驚き。2022/10/09

bunmei

917
クイズ番組を席巻しているクイズ・プレイヤーを主人公にした、斬新な設定の物語。クイズの謎解きだけに留まらず、不可能と思われるある事案の謎にも挑戦する、ミステリー要素も加味された作品。クイズ・プレイヤーの世界観に触れることで、解答に向けての感情コントロールや瞬時の判断力、先読みのテクニック等が生々しく描写された、興味深い作品。その事案というのが、生放送のクイズ番組の決勝戦で、問題が一文字も読まれる前に解答し、正解したこと。その真相の裏には、現代社会に生きる若者の世相を、大きく反映していると言える。 2022/11/06

射手座の天使あきちゃん

914
優勝賞金 1,000万円を賭けたクイズ『Q-1 グランプリ』の最終問題で、あろうことか問題文が読まれる前に本庄絆に正答されてしまった三島怜央。 はたしてこれはヤラセかそれとも必然か? 三島怜央は、この不可解な謎を解き明かすため、本庄絆の過去のクイズ番組の映像を分析し始める。そして見えてきたものは、本庄絆のクイズプレーヤーとしての思考回路と歩んできた過去の歴史だった。 久し振りに新しいタイプのミステリーに出会えました。面白かったです。2024/01/08

starbro

896
小川 哲、2作目です。王様のブランチBOOKコーナーで紹介されたので読みました。クイズ小説自体初読、Q1-グランプリのチャンピオンとAIが対決したら、どちらが勝つでしょうか❓ https://publications.asahi.com/news/1803.shtml2022/11/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20248400
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。