学校では教えてくれない大切なこと<br> AIって何だろう?―人工知能が拓く世界

個数:
電子版価格 ¥858
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

学校では教えてくれない大切なこと
AIって何だろう?―人工知能が拓く世界

  • 関和之
  • 価格 ¥935(本体¥850)
  • 旺文社(2020/02発売)
  • 読書週間ポイント2倍キャンペーン(~11/9まで)
  • ポイント 16pt
  • ウェブストアに18冊在庫がございます。(2021年10月29日 03時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 144p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784010112946
  • NDC分類 K007
  • Cコード C8076

出版社内容情報

保護者の不安をスッキリ解消!まんがでわかる「子ども向け実用書」 

近年、「AI(人工知能)」という言葉をよく耳にしますが、その定義を正しく説明することが
できる人は少ないのではないでしょうか。
本書では、身の回りに存在しているAIやその基本的なしくみについて、まんがで楽しく解説しています。
本書を読んで、難しくて遠い存在のように考えていたAIについて、身近に感じてみましょう!

目次

1章 AIってこんなもの!(AIってよく聞くけど何?;AIってなんのためにあるの? ほか)
2章 AIができること(AIは目を持っている?;AIの歴史 ほか)
3章 AIはどのようにして学ぶのか(AIはどうやって学ぶの?;AIは強化学習で成功と失敗を学ぶ! ほか)
4章 AIの活用事例(AIが店員さん?;AIは診察もできる! ほか)
5章 人間とAIの共生(AIってこわいの?;AI開発にもルールがある! ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Aya Murakami

83
図書館本 舞台になる島の名前を見て鈴木あみのlovetheisland聞きたくなった自分です。うれしいが何なのかは分かるが自分自身はうれしいと感じたことがないAIさん。うーん、どういう心情だろう?カマトトというヤツかな?こういうの読むとまだまだ生身の人間が活躍できる余地はありそうです。2020/06/19

(*'ω' *)@k_s

38
図書館本~小4の娘が借りた本、面白いらしく何度も読んでいるので、気になり読んでみました。テーマは日常生活に身近なAIについて、漫画形式で登場人物達が面白おかしく解説してくれます。人工知能のことでしょ?と何となくはわかりますが、説明はうまくできない…恥ずかしい話ですが、勉強になる一冊でした。シンギュラリティ(技術的特異点)~近未来、AIが人間の脳を超える世界を描いた映画を観たことがありますが、その可能性はゼロではないんですね。ロボットが感情を持つ…個人的には好きなお話です^^「ソバニイルヨ」「イブの時間」2020/11/15

スナイデル

13
1.52020/12/02

RX78

13
マンガがはちゃめちゃすぎて、子どもたちは読んでおもしろいのかもしれないが、大事なことが頭に入ってこない…。2020/06/21

cooky

11
AI     (笑)2020/12/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15181432

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。